2020年10月04日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

京都国際vs東山

2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 3位決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   


東山先発の橋本翔太

 7回、8回はお互いに得点を許さず、9回裏の京都国際の攻撃も1、2番が打ち取られ、延長戦に突入するかと思われた。しかし、二死から3番・平野が右前安打で出塁すると、続く4番・中川 勇斗(2年)が四球を選び、一、二塁と一打サヨナラのチャンスを作る。

 ここで打席に立つのは5番の辻井。2球で追い込まれたが、「とりあえず食らいついていこうと思っていました」と高めに浮いた3球目のストレートを叩くと、打球は右翼手の頭上を越える長打となり、二塁走者の平野が生還。サヨナラ勝ちで京都国際が3位となり、近畿大会最後のイスに滑り込んだ。

 「センスはないけどガムシャラで貪欲な子。よく食らいついてくれたと思います」と辻井の一打を讃えた京都国際の小牧憲継監督。1位通過を狙っていたこともあり、前日の敗戦にチームはショックを受けていたが、選手主導で気持ちを切り替え、苦しい試合をものにした。

 本来であればレギュラーの選手を数人故障で欠いており、森下もシンスプリントの痛みからの回復途上で万全ではない。苦しいチーム状況だが、「怪我人が多い時だからこそ、チーム力が試されるという話を子どもたちにはしています。どんな不細工な形でも近畿大会の権利を頂けたので、またレベルアップを図っていきたいと思います」と小牧監督は現状を前向きに捉えている。

 前回出場した秋の近畿大会では初戦で明石商に逆転負けを喫している。悲願の甲子園初出場に向けて、今年こそは勝ち進みたいところだ。

(記事=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
東山バスケ部惜しくも準優勝。野球部も計8回甲子園出場の強豪 【ニュース - 高校野球関連】
第155回 履正社を破った山田や近畿4強・京都国際など近畿の3大ニュースを発表!【高校野球コラム】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
第1049回 11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】【野球部訪問】
第1048回 再浮上の兆し見せる京都外大西がコロナ禍で見出した新たな練習スタイル【前編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 ポイントは回転にアリ!高校通算36本塁打・山下航汰(京都外大西)が細身でも長打を連発できるわけ 【2020年インタビュー】
京都国際vs神戸国際大附【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 高校通算36本塁打の万能プレーヤー・山下航汰(京都外大西)がプロ入りへ取り組んだ試行錯誤の日々【前編】 【2020年インタビュー】
京都国際vs和歌山東【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
京都国際vs京都外大西【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都外大西vs大谷【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
第1174回 守備は甲斐拓也。打撃は鈴木誠也。京都屈指の強肩捕手・釣寿生(京都国際)の描く理想像【後編】 【2020年インタビュー】
第1174回 高校通算25本塁打の強肩強打の捕手・釣寿生(京都国際)。キャッチャーとして大成するヒントになったステップ【前編】 【2020年インタビュー】
第1174回 完成系は稲葉篤紀か?高校通算27本塁打・早真之介が見据える、ラストサマーへの想い【後編】 【2020年インタビュー】
京都国際 【高校別データ】
東山 【高校別データ】
令和2年度 秋季京都府高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る