2020年10月04日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

京都国際vs東山

2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 3位決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

京都国際がサヨナラ勝ちで近畿大会の切符を掴む



サヨナラ勝ちを喜ぶ京都国際の選手たち

 京都国際が劇的なサヨナラ勝ちで2年ぶりの近畿大会出場を決めた。

 東山は橋本翔太(1年)、京都国際は平野順大(1年)が前日に続いてそれぞれ先発。両投手ともに走者を出しながらも打たせて取る投球で序盤のピンチを凌いでいく。

 試合が動いたのは3回裏、一死二塁の場面で二塁走者の平野が相手のバッテリーミスの間に三塁を狙う。これを刺そうとした捕手・原亮二(2年)の三塁送球が悪送球になり、外野にボールが転がる間に平野が生還。相手のミスで京都国際が先制点を挙げた。

 流れを変えたい東山は直後の4回表、一死から3番の原が四球で出塁すると、続く4番・早田慧(2年)が左中間を破る適時二塁打を放ち同点に追いつく。その後、二死三塁から6番・吉澤昌希(2年)の中前適時打で勝ち越し点を挙げ、逆転に成功した。

 追いかける展開となった京都国際は6回から背番号9の左腕・森下瑠大(1年)に継投。代わり端に制球を乱して一死満塁のピンチを招いたが、ここを一邪飛と右飛で切り抜け、追加点を与えない。

 これで流れは京都国際に傾く。6回裏に先頭の5番・辻井心(1年)がレフト線への二塁打で出塁すると、続く6番・森下の遊ゴロの間に三塁に進む。ここで7番・植西龍雅(2年)がキッチリ中犠飛を放ち、辻井が生還。試合を振り出しに戻した。

【次のページ】 京都国際vs東山(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
最後の夏、甲子園出場できなかった大野雄大(京都外大西出身)と高橋周平(東海大甲府出身)8年ぶりAクラス入りへ活躍中! 【ニュース - 高校野球関連】
11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】 【ニュース - コラム】
第1049回 11年ぶりの聖地へ!京都外大西の再浮上のカギを握るのは我慢強さ【後編】【野球部訪問】
第1048回 再浮上の兆し見せる京都外大西がコロナ禍で見出した新たな練習スタイル【前編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 ポイントは回転にアリ!高校通算36本塁打・山下航汰(京都外大西)が細身でも長打を連発できるわけ 【2020年インタビュー】
京都国際vs神戸国際大附【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1097回 高校通算36本塁打の万能プレーヤー・山下航汰(京都外大西)がプロ入りへ取り組んだ試行錯誤の日々【前編】 【2020年インタビュー】
京都国際vs和歌山東【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
京都国際vs京都外大西【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都外大西vs大谷【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第1174回 守備は甲斐拓也。打撃は鈴木誠也。京都屈指の強肩捕手・釣寿生(京都国際)の描く理想像【後編】 【2020年インタビュー】
第1174回 高校通算25本塁打の強肩強打の捕手・釣寿生(京都国際)。キャッチャーとして大成するヒントになったステップ【前編】 【2020年インタビュー】
第1174回 完成系は稲葉篤紀か?高校通算27本塁打・早真之介が見据える、ラストサマーへの想い【後編】 【2020年インタビュー】
第1014回 早、釣のドラフト候補だけではなく、全学年に逸材が揃う京都国際。そして選手の個性を引き出すスタッフ陣にも注目!【後編】【野球部訪問】
第1014回 近年、急上昇中の京都国際。甲子園出場するための課題と冬の取り組みに迫る【前編】【野球部訪問】
京都国際 【高校別データ】
東山 【高校別データ】
令和2年度 秋季京都府高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る