龍谷大平安が6回コールドで洛星を下す


 龍谷大平安がコールド勝ちで今大会2勝目を挙げた。

 龍谷大平安は1回裏、1番・髙木駿聖(3年)の二塁打と盗塁で一死三塁とすると、3番・田島 輝久(3年)の二塁ゴロで1点を先制する。2回にも相手のミスで追加点を挙げると、3回には無死二、三塁から田島の犠飛で1点を加えると、なおも一死三塁のチャンスで4番・奥村 真大(3年)が中前適時打を放ち、リードを4点に広げた。

 守りでも龍谷大平安先発の工藤麟太郎(3年)が4回1安打無失点の好投を見せると、竹嶋大登(3年)、加藤慶大(3年)もそれぞれ1イニングをキッチリ無失点に抑え、洛星の反撃を許さない。

 龍谷大平安は5回裏にも蔭山天馬(3年)の適時二塁打で追加点を挙げると、6回裏には疲れが見え始めた洛星のエース・岡﨑草太(3年)に連打を浴びせる。最後は9点リードの一死一、三塁から途中出場の橋口凌也(3年)の左前適時打で10点差となり、コールドゲームが成立。危なげない戦いを見せた龍谷大平安が2回戦を突破した。

 「普段、試合に出ていない子が打ったので良かったです」と試合を振り返った龍谷大平安の原田英彦監督。この試合にはベンチ入り20人中17人が出場。5点を奪った6回裏には橋口の他に吉田翔星(3年)、宮階慶斗(3年)、青木洸(3年)といった途中出場の選手が安打を放っている。経験の浅い選手も少ない出番で結果を残しているところに名門の強さを感じさせられた。

 プロ注目の奥村は1回戦に引き続き、この日も木製バットで試合に臨んだ。3打数1安打1打点という結果に終わり、「今日はファーストストライクから振れていなかった」と反省。次戦では積極的な打撃を見せてほしいところだ。

(記事=馬場 遼)