2020年07月12日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

京都国際vs塔南

2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

ドラフト候補・早に一発が出た京都国際が快勝!


 プロ注目の早 真之介(3年)と釣 寿生(3年)を擁する京都国際が快勝した。

 京都国際は1回表、1番の神野貴政(3年)が1ボールから左翼席に飛び込む先頭打者本塁打を放ち先制点を挙げる。その後も制球の定まらない塔南の先発・明石玲哉(3年)を攻め、押し出し四球で1点を追加すると、なおも無死満塁から6番・中村誌龍(3年)の左犠飛で1点を追加。さらに二死一、二塁から8番中川瑛貴(3年)の左前安打を左翼手がファンブルする勘に二塁走者が生還。幸先よく4点を初回に4点を奪った。

 対する塔南も二死から連続四球で一、二塁とすると、5番・大槻迅人(3年)の中越え適時二塁打で1点を返す。

 しかし、京都国際は流れを手放さない。3回表に二死二塁から代打・藤本一京(3年)がライト線に適時二塁打を放ち追加点を挙げると、続く神野の左前適時でさらに1点を追加する。

 塔南はその裏に内野ゴロの間に1点を返すが、京都国際は4回表にも二死二塁から中村の右前適時打で再び5点差とする。

 さらに京都国際は6回表、一死から3番の早が1ボール1ストライクからの3球目を右中間スタンドに放り込む本塁打を放ち、1点を追加した。「打ったのはインコースのストレートです。ちょっと詰まっていましたが、行ったと思いました」と高校通算29本目の本塁打を振り返った早。1週間前にギックリ腰を発症していたが、「試合になったらアドレナリンが出る」とその影響を感じさせない一打だった。

 小刻みな継投を見せた京都国際は、エース左腕の入海勇太(3年)が最後に2回をキッチリ無安打に抑えて、初戦突破。4番捕手で出場した釣も二塁打を1本放ち、盗塁を刺す場面も見られた。

 「最後の大会なので、勝って終わりたいです」と次戦以降への意気込みを語った早。今秋のドラフト指名を目指す逸材がこれ以上ないスタートを切った。

(記事=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今年の近畿地区は野手豊作年。土田龍空(近江)、西野力矢(大阪桐蔭)などすでに8名がプロ志望を表明 【ニュース - 高校野球関連】
2人合わせて通算48本塁打到達!プロ注目スラッガー・早真之介、奥村真大が揃ってホームラン放つ! 【ニュース - 高校野球関連】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第1174回 守備は甲斐拓也。打撃は鈴木誠也。京都屈指の強肩捕手・釣寿生(京都国際)の描く理想像【後編】 【2020年インタビュー】
第1174回 高校通算25本塁打の強肩強打の捕手・釣寿生(京都国際)。キャッチャーとして大成するヒントになったステップ【前編】 【2020年インタビュー】
第1174回 完成系は稲葉篤紀か?高校通算27本塁打・早真之介が見据える、ラストサマーへの想い【後編】 【2020年インタビュー】
第1186回 140キロの剛腕左腕だった早真之介が高校通算27本塁打を誇る京都屈指のスラッガーになるまで【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 早、釣のドラフト候補だけではなく、全学年に逸材が揃う京都国際。そして選手の個性を引き出すスタッフ陣にも注目!【後編】【野球部訪問】
第1014回 近年、急上昇中の京都国際。甲子園出場するための課題と冬の取り組みに迫る【前編】【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
京都外大西vs京都国際【京都府 2019年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都国際vs嵯峨野【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
龍谷大平安vs塔南【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
京都国際vs須知【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
塔南vs京都精華学園【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
京都国際 【高校別データ】
塔南 【高校別データ】
令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る