京都外大西が最終回に大逆転!



9回に決勝打を放った山下航汰(京都外大西)

 夏の準々決勝と同じ顔合わせとなった京都外大西京都国際の一戦。リベンジを狙った京都外大西が大逆転勝利を収め、準決勝進出を決めた。

 京都外大西は注目のスラッガー・山下 航汰(2年)を2番捕手で起用。上羽功晃監督はこの采配の意図について「山下をたくさん打席に立たせたい。調子が良い順に並べています」と明かしてくれた。その山下は1回表、一死から死球で出塁。続く3番・秋山桐英(2年)も安打を放ち、一死一、三塁と先制のチャンスを作る。ここで4番・星野一平(1年)は二塁ゴロに倒れるが、一塁にしか送球できずに山下が生還。京都外大西が1点を先制した。

 先制された京都国際は相手守備の乱れから一死一、三塁とすると、3番・神野貴政(2年)が犠飛を放ち、同点に追いついた。その後は投手戦となる。京都国際の右横手投げ・山口悠太(2年)が力のある速球で2回以降を無安打に抑えると、京都外大西先発の河田朋也(2年)もストライク先行で打たせて取る投球を披露。バックも好プレーを連発し、京都国際に勝ち越しを許さない。

 試合が大きく動いたのは8回裏だった。一死から連打で一、三塁とすると、5番・釣 寿生(2年)が中前適時打を放ち、京都国際が勝ち越しに成功する。その後も打線が繋がり、この回5得点。これで試合が決まったと思われた。

 実は夏もこの両校の対戦は1対1で迎えた8回裏に京都国際が4点を奪って、5対1で勝利していた。今回も同じような結末になると思われたが、まさかの結末が待っていた。9回表の京都外大西は先頭の山下がチームとしても初回以来となる安打で出塁すると、秋山の安打と死球で無死満塁とする。ここで5番・原慎之介(2年)は高いバウンドの三塁ゴロを放ち、三塁手の中村誌龍(2年)は一塁に送球した。しかし、これが悪送球となり、二者が生還。京都外大西が3点差に詰め寄った。

 これで流れが一気に京都外大西に傾く。一死二、三塁から代打・吉田秀太(2年)の中前適時打で1点を返すと、さらに一死満塁となり、京都国際はエース左腕の入海勇太(2年)を投入。逃げ切りを図ったが、京都外大西は代打・山本修太(2年)の左前適時打で1点差とすると、続く1番・木村 翔大(2年)も中前適時打を放ち、とうとう同点に追いついた。

 なおも一死満塁と一打勝ち越しのチャンスで打席に立つのは主砲の山下。「来た球を打つだけだった」初球の変化球を振り抜くと、レフト線を破る適時二塁打となり、2点を勝ち越し。さらに秋山の犠飛で1点を加え、3点リードを奪って、9回裏の守りに入った。

 京都外大西は代打で登場した吉田秀をマウンドに送ると、三塁ゴロと三振で二死を奪う。それでも京都国際は4番・早 真之介(2年)が内野安打で出塁すると、続く釣も遊撃手のグラブを弾く安打を放ち、一、二塁とする。しかし、最後は6番・金田 大記(1年)が三邪飛に倒れてゲームセット。京都外大西が大逆転勝利で近畿大会出場に王手をかけた。

 「神がかっていますよね。僕らの力じゃないと思います」と上羽監督はやや不思議そうに振り返った。夏に引退した3年生が新チーム結成後も練習に参加して、後輩を熱心に指導しているという。この試合に向けても山口悠対策に右横手投げのエースだった田辺啓太、左腕の入海対策に同じ左腕の東原健人が打撃投手を買って出るなど、先輩の力も結集して勝ち取った逆転勝利だった。

 2010年夏を最後に甲子園から遠ざかっており、近年は苦戦が続いていた京都外大西だが、「チームが苦しんでいる中で、この試合が変われるきっかけになったと思います」と上羽監督は今後の躍進に期待を寄せている。4強で終わった昨秋の先輩を超えるまであと1勝。先輩の思いも背負って、近畿大会出場を目指す。

(記事=馬場 遼)