2019年07月20日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

京都外大西vs立命館

2019年夏の大会 第101回選手権京都大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

京都外大西が春のリベンジ!山下の高校通算26号は場外弾!

 春の一次戦でも対戦した立命館京都外大西。春は立命館が7対6で勝利していたが、今回は京都外大西がリベンジした。
 京都外大西は1回裏、1番の吉田元輝(3年)がレフト線への二塁打で出塁すると、2番・山﨑雄大(3年)の犠打で一死三塁と先制のチャンスを作る。ここで打席に立つのは注目のスラッガーである3番・山下 航汰(2年)。山下は初球を打って遊撃ゴロとなるが、立命館の内野手は後ろに下がっており、遊撃手の髙橋直輝(3年)は一塁に送球。その間に吉田が生還し、京都外大西が1点を先制した。

 対する立命館は3回表、制球の定まらない京都外大西の先発・東原健人(3年)に対して二死一、三塁とすると、3番・谷山拓郎(3年)がチーム初安打となる左前適時打を放ち、同点とする。

 追いつかれた京都外大西はその裏、先頭の吉田が安打で出塁すると、初球に盗塁を決めて二塁に進む。山﨑が送って一死三塁と初回と同じ場面で山下が左前適時打を放ち、勝ち越しに成功。上位打線の理想的な攻撃で再び京都外大西がリードを奪った。5回裏にも吉田と4番・風間祐輝(3年)の適時打で3点を追加し、京都外大西ペースで前半を終える。

 5回まで5四死球を出しながらも2安打1失点と粘りの投球を見せていた東原だが、6回表に二死二塁から適時二塁打を浴びると、続く打者に四球を与えたところで降板。2番手に経験豊富な田辺啓太(3年)をマウンドに送る。田辺は最初の打者を四球で歩かせて満塁とするも、続く打者を見逃し三振に切って取り、これ以上の得点を与えない。

 追加点が欲しい京都外大西は7回裏、一死から山下が内角低めのストレートを捉え、バックスクリーン左に消える場外本塁打を放つ。これで高校通算26本目の本塁打となったが、「センターに打ったのは初めてだと思います。今までのホームランで一番の手応え」という会心の一発で立命館を引き離した。
 京都外大西は8回にも2点を加えると、田辺は立命館に安打を1本も許さない好リリーフを見せて快勝。ベスト8進出を決めた。
 1、2番がチャンスを作って3、4番が打点を挙げるという理想的な攻撃を見せた京都外大西。上羽功晃監督が「一芸集団」と評する選手たちが個々の持ち味を存分に発揮した。準々決勝では春優勝の京都国際と対戦する。秋に1対2で敗れた難敵に対して上羽監督は「僕らは挑戦者なので束になってかかっていきたい」と意気込んでいた。

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
競合した斎藤佑樹と大石達也。1本釣りだった大野雄大と澤村拓一と明暗分かれた2010年ドラフト 【ニュース - 高校野球関連】
京都国際vs東山【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
野手は掛布を輩出も投手は苦しむ…阪神のドラフト下位指名組 【ニュース - 高校野球関連】
京都国際vs京都外大西【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
北嵯峨vs立命館【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
久御山vs立命館宇治【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
京都翔英vs京都学園【京都府 2020年 令和2年度 夏季京都府高等学校野球ブロック大会】
第1014回 激戦の夏季京都大会を展望!ドラフト候補・奥村、早、山下など注目スラッガー多数!【大会展望・総括コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第648回 新チームでは打撃型のチームに変貌遂げる 福知山成美女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第991回 人数少ない3年生が奮起した夏の戦い 福知山成美女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第946回 ホームランへのこだわりを秘め、プロ入りを視野に新たな挑戦も 山下航汰(京都外大西)【後編】 【2019年インタビュー】
第944回 9年ぶりの甲子園へ!名門復活を託された主砲・山下航汰(京都外大西)【前編】 【2019年インタビュー】
第864回 何としても甲子園へ!最速145キロ右腕・遠藤慎也が目指す、周りから信頼されるエースに!【後編】 【2019年インタビュー】
第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】 【2019年インタビュー】
第450回 京都翔英高等学校 石原 彪選手「自慢の強肩とフルスイングでファンを魅了する強打の捕手になっていきたい」 【2016年インタビュー】
京都外大西 【高校別データ】
立命館 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 京都大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る