2019年07月18日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

立命館宇治vs久御山

2019年夏の大会 第101回選手権京都大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

立命館宇治が6回コールドでベスト8進出

 昨夏準優勝の立命館宇治久御山を6回コールドで破り、準々決勝進出を決めた。

 立命館宇治の先発は左腕の髙木要(3年)。「リズムよく投げることができた」と安打を1本許すも、落ち着いた投球で初回を無失点に抑える。

 打線はその裏、制球の定まらない久御山の先発・奥野怜司(2年)を攻めて一死二、三塁とすると、4番・浅野彰久(2年)の左犠飛で1点を先制する。

 1点を先制された久御山だが、2回からは奥野が落ち着きを取り戻し、打たせて取るピッチングで5回まで無失点で凌ぐ。援護したい打線だが、髙木の威力のあるストレートに対応できず、2回以降は一人も走者を出すことができない。

 追加点が欲しい立命館宇治は5回裏、無死満塁から3番・上田龍一郎(3年)の中前2点適時打で待望の追加点を挙げる。これで勢いづいた打線は久御山に襲い掛かり、打者13人の猛攻で7得点。この回で試合をほぼ決定づけた。

 久御山は合計5人の投手を投入したが、一度火のついた立命館宇治を止めることができず、6回コールド負け。中盤に猛攻を見せた立命館宇治が悠々とベスト8進出を決めた。

 試合後に里井祥吾監督は「髙木が良かった。次が怖いくらい」とエースの好投を称賛した。この日は6回を投げて60球、被安打1、四死球0という完璧な内容。春までは制球力に課題があったが、春季大会後にフォームを見直したことでコントロールが安定するようになったという。「力が抜けて肘が上がっていたので良かったです」と髙木が話すように春に比べていい意味で力感がなくなっており、淡々とアウトを積み重ねている印象を受けた。

 準々決勝ではセンバツ出場校の福知山成美と対戦する。「ここからが本当の勝負になる。完成度としては京都で一、二を争うチームだと思うので、挑戦者のつもりでやりたいです」と意気込む里井監督。昨夏の悔しさを晴らすためにも強豪を倒して勢いに乗りたいところだ。

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
オープン戦好調だった大卒ルーキーは?森下、郡司、宇草らの東京六大学、大学日本代表勢が一歩リード 【ニュース - 高校野球関連】
山本由伸など投手の大豊作の1998年世代。野手で急浮上している選手は?? 【ニュース - 高校野球関連】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第648回 新チームでは打撃型のチームに変貌遂げる 福知山成美女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第991回 人数少ない3年生が奮起した夏の戦い 福知山成美女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
履正社vs京都翔英【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
京都翔英vs和歌山南陵【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
履正社vs綾羽【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
星稜vs立命館宇治【第101回全国高等学校野球選手権大会】
立命館宇治vs秋田中央【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第864回 何としても甲子園へ!最速145キロ右腕・遠藤慎也が目指す、周りから信頼されるエースに!【後編】 【2019年インタビュー】
第863回 重圧の中でも投げ勝つ!最速145キロ右腕・遠藤慎也(京都翔英)が強豪相手に見つけた収穫と課題【前編】 【2019年インタビュー】
第450回 京都翔英高等学校 石原 彪選手「自慢の強肩とフルスイングでファンを魅了する強打の捕手になっていきたい」 【2016年インタビュー】
久御山 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 京都大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る