2019年05月12日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

乙訓vs立命館宇治

2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鳥羽出身指揮官対決は先輩率いる乙訓に軍配



5回に勝ち越し弾を放った福井裕太(乙訓)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 乙訓の市川靖久監督と立命館宇治の里井祥吾監督は鳥羽高校時代の先輩後輩関係にあたる。2000年には3年生の市川監督が主将で中堅手、2年生の里井監督が一塁手として春夏連続で甲子園に出場。春にはベスト4の成績を収めている。

 「一緒に野球をやっていたので、相手の考えていることもわかるし、向こうもウチの考えていることもわかっている」(市川監督)と互いに手の内を知る指揮官の対決は白熱した試合となった。

 乙訓は1回表、連打と犠打で一死二、三塁とすると、4番・中村志遠(3年)の右前適時打で1点を先制。さらに続く一、三塁のチャンスで5番・藤岡大智(3年)が中犠飛を放ち、初回から幸先良く2点を先制した。

 対する立命館宇治も序盤から乙訓先発の林翔大(2年)を攻める。1回裏に先頭の中村滉成(3年)が中越え二塁打で出塁すると、四球と犠打で一死二、三塁のチャンスを作る。ここで4番・浅野彰久(2年)が中犠飛を放ち、まずは1点を返した。

 続く2回裏には二死満塁から2番・今野優斗(3年)の左前適時打で同点。3回裏には二死二塁から7番・古賀風地(3年)の中前適時打で勝ち越し点を挙げた。

 乙訓は2回以降、立命館宇治の先発・髙木要(3年)の前に追加点を奪えていなかったが、5回表に髙木を捉える。

 二死一、二塁から藤岡の左前適時打で同点とすると、なおも一、二塁と勝ち越しのチャンスで1回戦の福知山成美戦でサヨナラ本塁打を放っている6番の福井裕太(3年)を迎える。福井は1ボールからの高めのストレートを振り抜くと、レフトスタンドに飛び込む3ランとなり、乙訓が勝ち越し。一気に3点のリードを奪った。

【次のページ】 乙訓vs立命館宇治(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋季京都府大会二次戦の組み合わせが決定!立命館宇治の初戦は大谷と対戦!【秋季京都府大会・二次戦】 【ニュース - 高校野球関連】
秋季京都大会一次戦が終了!二次戦に進んだチームは? 【ニュース - 高校野球関連】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第33回 立命館宇治(京都)【37年ぶり3回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第934回 智辯和歌山、市立和歌山の2強を追いかける有力校にも要注目!【和歌山大会展望】【大会展望・総括コラム】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
乙訓 【高校別データ】
立命館宇治 【高校別データ】
2019年度 春季京都府高等学校野球大会2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る