2019年05月04日 峰山球場

乙訓vs福知山成美

2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

福井のサヨナラ弾で乙訓が劇的勝利!



7回に逆転打を放って喜ぶ小橋翔大(福知山成美)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨春優勝校の乙訓とセンバツ出場校の福知山成美による注目の一戦。峰山球場には多くの観衆が詰めかけ、熱戦の様子を見守っていた。

 前半は乙訓ペースで試合が進む。乙訓は1回裏、1番の田中 純平(3年)が左中間への三塁打で出塁すると、続く2番・味田陽晴(2年)の右前適時打で1点を先制。さらに内野ゴロで一死三塁とすると、4番・中村志遠(3年)が犠飛を放ち、追加点を挙げる。

 続く2回にも二死満塁から3番・嘉門 凌大(3年)の放った打球が前進するセンターのグラブを弾く適時二塁打となり、2点を追加。4回にも相手の失策から追加点を挙げ、4回終了時点で5点のリードを奪う。守りでも先発の林翔大(2年)が4回まで2安打に抑える好投を見せて福知山成美に流れを渡さない。

 この時点で乙訓の圧勝かと思われたが、そう考えていなかったのが乙訓の市川靖久監督だ。市川監督は「お前ら経験ないからどこかで絶対にひっくり返されるぞ」と選手に声をかけていたそうだが、それには根拠がある。

 昨年の春季大会準々決勝でセンバツ上がりの乙訓と当時の2年生レギュラーが多かった福知山成美が対戦した。この試合では福知山成美が初回に4点を先制したが、経験で上回る乙訓が終盤に逆転して6対4で勝利している。1年前と両校の立場が入れ替わり、試合展開も逆になることを市川監督は想定していたのだ。

 そして試合は市川監督の予想通りに福知山成美が反撃を始める。5回表に二死一、三塁から2番・人知憲蔵(2年)の中前適時打でまずは1点を返した。すると制球に苦しんでいたエースの小橋 翔大(3年)が立ち直りを見せて、その裏の回を三者凡退に切って取る。

【次のページ】 乙訓vs福知山成美(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
駒大苫小牧に田中将大が君臨!彗星のごとく現れた斎藤佑樹が優勝をもぎ取った2006年を再び振り返る 【ニュース - コラム】
【2020選抜】名門校ずらり!代表校決定直前に過去5年の近畿地区”残り2枠”を振り返る! 【ニュース - 高校野球関連】
第1回 近畿の高校野球を沸かせたBIGな話題で振り返る! 2019年近畿地区の3大ニュース【近畿地区の高校野球】
第648回 新チームでは打撃型のチームに変貌遂げる 福知山成美女子硬式野球部【後編】【野球部訪問】
第991回 人数少ない3年生が奮起した夏の戦い 福知山成美女子硬式野球部【前編】【野球部訪問】
第991回 大混戦を勝ち抜き京都翔英が優勝を飾った秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第644回 選抜大会後もなお続ける成長 横浜隼人女子硬式野球部(神奈川)はこの夏、新たな歴史を刻む【後編】【野球部訪問】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
乙訓 【高校別データ】
福知山成美 【高校別データ】
2019年度 春季京都府高等学校野球大会2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る