2018年10月01日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

京都外大西vs京都翔英

2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

京都外大西が継投で逃げ切る



最後の打者を打ち取り喜ぶ田辺啓太(京都外大西)

 京都外大西京都翔英との接戦を制して準決勝を決めた。

 京都翔英の先発は京都外大西の上羽功晃監督が「京都でナンバーワンの投手」と評価する遠藤 慎也(2年)。ストレートの最速は145㎞(伊地知正喜前監督談)という遠藤は初回に2三振を奪うまずまずの立ち上がりを見せる。すると、2回表に2死から8番の遠藤がレフトスタンドに叩き込む本塁打を放ち、京都翔英が1点を先制した。

 これで遠藤が勢いに乗るかと思われたが、その裏に京都外大西が猛攻を見せた。連打で無死一、二塁のチャンスを作ると、加藤大翔(2年)の右前適時打で同点に追いつく。さらに一死二、三塁から9番・上羽哲平(2年)が2点右前適時打を放ち、勝ち越しに成功。この回に3点を奪い、すぐさま京都外大西が逆転した。

 京都外大西の先発・上羽は遠藤に本塁打を浴びたものの低めを丁寧に突く投球で5回まで遠藤の本塁打による1安打に抑える好投を見せる。一方の遠藤も3回以降は立ち直り、京都外大西に追加点を許さない。

 グラウンド整備を挟んだ6回表に試合が動く。上羽が先頭打者の3番・鈴木遼(2年)に内野安打を浴びたところで京都外大西は好投を続けていた上羽に代えて背番号1のアンダースロー・田辺啓太(2年)をマウンドに送る。田辺は左飛と併殺で後続を断ち切り、流れを渡さない。

 何とか突破口を開きたい京都翔英は7回表に好投を続けていた遠藤に代打を送り、勝負をかけてきた。すると、二死二塁から9番・山本 仁(2年)が左中間を破る適時三塁打を放ち、1点差に迫る。なおも同点のチャンスは続いたが、ここは田辺が1番の岡本翼を右飛に打ち取り、何とかリードを守った。

 7回裏から登板した京都翔英の2番手・今井 大志(2年)は7回、8回と京都外大西打線を無安打に抑え、味方の反撃を待つ。しかし、京都翔英は最後まで田辺を捉え切れずに敗戦。京都外大西が準決勝に進出し、近畿大会出場に王手をかけた。

 どちらが勝ってもおかしくない接戦だったが、ワンチャンスをものにした京都外大西に軍配が上がった。京都外大西は2次戦に入ってから投打が上手くかみ合っている印象がある。近年はなかなか上位に進出することができていなかったが、今大会を機に名門復活を印象づけることができるだろうか。

 京都翔英は遠藤が力のあるところを見せたが、2回の3失点が痛かった。打撃陣も4安打に抑え込まれ、課題を残した。昨年からの主力も多く残っており、府大会優勝を狙えるチームだけに春以降の巻き返しに期待したい。

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
京都翔英高初のプロ野球選手!楽天・石原彪が初安打に初盗塁! 【ニュース - 高校野球関連】
福知山成美が京都国際を破り優勝!【秋季京都府大会・二次戦 8日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
京都外大西vs京都文教【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
立命館宇治vs京都翔英【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都翔英vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
大阪桐蔭vs京都翔英【2017年秋の大会 平成29年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
京都翔英vs西城陽【京都府 2017年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第508回 高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」京都編【大会展望・総括コラム】
第450回 京都翔英高等学校 石原 彪選手「自慢の強肩とフルスイングでファンを魅了する強打の捕手になっていきたい」 【2016年インタビュー】
京都外大西 【高校別データ】
京都翔英 【高校別データ】
平成30年度 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る