2018年09月24日 京都府立山城総合運動公園野球場(太陽が丘球場)

龍谷大平安vs立命館宇治

2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

龍谷大平安が夏決勝の再戦を制す



先発・野澤秀伍(龍谷大平安)

 夏の京都大会決勝と同じ顔合わせとなった龍谷大平安立命館宇治の一戦。夏は龍谷大平安が11対0と圧勝したが、この日は最後までもつれる接戦となった。

 序盤に主導権を握ったのは立命館宇治。先発の森井舜也(2年)が初回を三者凡退に打ち取る上々の立ち上がりを見せると、その裏に1番の今野優斗(2年)がレフトスタンドに放り込む先頭打者本塁打を放ち、先制点を奪う。さらに四球と犠打で一死二塁とすると、4番・森本晃太朗(2年)の中前安打を中堅手の中島 大輔(2年)がファンブルし、二塁走者の上田龍一郎(2年)が生還。幸先よく2点のリードを奪う。

 対する龍谷大平安は2回表に一死から奥村 真大(1年)が右前安打で出塁すると、続く三尾 健太郎(2年)が左越え適時二塁打を放ち、1点を返す。

 3回裏、立命館宇治は一死三塁から3番・浅野彰久(1年)の右前適時打で1点を追加。続く森本も安打を放ったところで龍谷大平安はエースナンバーを付けた先発の野澤 秀伍(2年)を諦め、背番号10の豊田 祐輔(2年)をマウンドに送る。代わった豊田は一死一、二塁のピンチを連続三振に切って取り、立命館宇治のワンサイドゲームにはさせない。

 早く追いつきたい龍谷大平安は5回表に二死から2つの死球と安打で満塁のチャンスを作る。ここで1ボールからの2球目が暴投となり、再び1点差となる。その後もチャンスは続いたが、あと一本が出ず、1点差で前半を折り返した。

 追いかける展開が続く龍谷大平安だが、6回表に試合が動いた。先頭の奥村が死球で出塁すると、続く三尾の犠打を森井が間に合わない二塁に投げてしまい、野選となる。さらに7番の羽切 陸(2年)が犠打を決めて一死二、三塁とチャンスを広げて代打に半保 和貴(2年)を送る。ここで森井が1-1から投じたボールが暴投となり同点に追いつくと、半保が中前適時打を放ち、勝ち越しに成功した。

 その後も1番・中島と2番・北村 涼(2年)の連続適時打で6-3とリードを広げて森井をノックアウト。立命館宇治は2番手に左腕の髙木要(2年)をマウンドに送る。龍谷大平安に流れが傾いている場面で登板した髙木だが、冷静に一塁走者を牽制で刺し、龍谷大平安の攻撃を断ち切った。

 しかし、流れはまだ龍谷大平安にあった。7回表にも4番・水谷 祥平(2年)と奥村の安打で一死二、三塁と追加点のチャンスを作る。ここで三尾がキッチリと左犠飛を放ち、リードを4点に広げた。

 意地を見せたい立命館宇治は7回裏に二死から満塁のチャンスを作り、5番で主将の吉村仁(3年)を打席に迎える。ここで吉村は冷静に四球を選び、押し出しで3点差へと詰め寄った。

 試合は3点差のまま9回裏に突入。逆転を信じて反撃する立命館宇治に対して豊田は先頭から連続死四球を与えてしまい、降板。3番手に村尾 亮哉(1年)を送り込む。代わった村尾に対して3番・浅野が内野安打を放ち、無死満塁と長打が出れば同点というチャンスを作った。

 ここで打席に立つのはここまで2安打と好調の4番・森本。森本は2-2からの5球目を捉えてセンターに弾き返す。打球はセンター前に抜けると思われたが、遊撃手の羽切がファインプレーを見せ、6-4-3の併殺が成立。1点を返して2点差としたが、立命館宇治は二死三塁と窮地に追い込まれた。

 本塁打が出れば同点となる場面で立命館宇治は吉村に全てを託すが、空振り三振に倒れて試合終了。龍谷大平安が激戦を制してベスト8進出を決めた。

 龍谷大平安は5回まで森井の投球に苦しめられたが、6回表に森井が崩れかかった瞬間を逃さずに見事な逆転劇を見せた。終盤には立命館宇治の反撃にもあったが、二遊間の好守で逃げ切ることに成功した。夏の甲子園16強に進出した旧チームに比べれば小粒な印象は否めないが、攻守ともに粘り強いチームだと言えるだろう。

 立命館宇治は旧チームからの主力が多く、力のあるチームだったのは間違いない。しかし、森井が乱れた隙を突かれて一気にひっくり返されてしまった。立命館宇治にとって龍谷大平安は大きな壁となっているが、甲子園に出るためには避けて通れない相手だ。この悔しさを糧にどこまで成長できるかに期待したい。

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
京都のベスト16が確定!龍谷大平安や立命館宇治など実力校多数 【ニュース - 高校野球関連】
秋季京都府大会二次戦の組み合わせが決定!立命館宇治の初戦は大谷と対戦!【秋季京都府大会・二次戦】 【ニュース - 高校野球関連】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
星稜vs立命館宇治【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
立命館宇治vs秋田中央【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第951回 大会2日目は奥川、鈴木、井上、前らドラフト候補が続々登場!大会2日目4試合の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第33回 立命館宇治(京都)【37年ぶり3回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
立命館宇治vs福知山成美【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
龍谷大平安vs塔南【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
立命館宇治vs久御山【京都府 2019年夏の大会 第101回選手権京都大会】
第934回 逆襲の明徳義塾か、連覇期す高知商か、「1年生1番」森木 大智の高知か? 「3強」以外にも興味深い高知県の夏【高知大会展望】【大会展望・総括コラム】
第926回 偉大な先輩を超えたい!歴代No.1外野手を目指す 中島大輔(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 龍谷大平安に現れた俊足好打の1番打者・中島大輔(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第922回 憧れは鈴木誠也。センバツでも絶対的なクラッチヒッターへ 水谷祥平(龍谷大平安)【後編】 【2019年インタビュー】
第926回 客観視できる姿勢が万能型野手へ成長させた 水谷祥平(龍谷大平安)【前編】 【2019年インタビュー】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
立命館宇治 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】
平成30年度 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る