2018年09月23日 京都府立山城総合運動公園野球場(太陽が丘球場)

東山vs菟道

2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

序盤の猛攻で東山がコールド勝ち



2安打3打点の活躍を見せた主将・長谷川真登(東山)

 夏4強の東山が序盤に大量得点を奪って菟道をコールドで破った。

 東山は1回表、先頭の岩田優雅(2年)が左前安打で出塁すると、続く井上敦貴(2年)も左前安打を放つ。この場面で左翼手・福田崇太(1年)の三塁送球が悪送球となってしまい、岩田が生還。相手のミスで東山が1点を先制する。

 その後、二死二、三塁となり、6番の長谷川真登(2年)がライトオーバーの2点適時二塁打を放ち、2点を追加。さらに続く小野証(2年)の中前適時打でもう1点追加し、初回に4点を先制する。

 東山の先発は背番号10を付けた左腕の小野。小野の立ち上がりは四球を2つ出すなど制球に苦しみ一死満塁のピンチを招くが、この場面を連続三振に切って取り、流れを渡さない。

 試合の主導権を握った東山は2回表に無死二、三塁と追加点のチャンスを作ると、2番・井上の中犠飛で1点を追加。その後も相手の失策や押し出しなどで追加点を挙げ、2回を終えて8点のリードを奪うことに成功する。

 2回までに8点を取られてしまった菟道先発の北波彪(2年)だが、3回以降は走者を出しながらも粘り強い投球を続け、これ以上の追加点を与えない。菟道としては1点でも返して流れを変えたかったが、小野の荒れ球に苦しみ、得点を奪えない状況が続く。

 2点を取らないと試合が終わってしまう7回裏も四球と暴投で二死二塁と得点圏に走者を進めたが、最後は2番の守屋錬(2年)が三飛に倒れて試合終了。東山が8-0で勝利し、2回戦進出を決めた。

 東山は旧チームからのレギュラーである1番・岩田、2番・井上がチャンスメーカーとして機能していた。今後もこの二人が打線のキーマンとなるだろう。投手陣では小野が5四球を出しながらも無失点に抑えきった。翌日にも試合があることを考えるとエースナンバーの所知樹(2年)を温存できたのは大きい。

 菟道は序盤に相手の攻撃に飲まれてしまったが、3回以降は落ち着いて守ることができていた。強豪との対戦を良い経験値として今後の成長に期待したい。

(文:馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
立命館宇治vs東山【京都府 2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都春の陣!戦いの幕が切って落とされる春季京都大会を分析!! 【ニュース - コラム】
第851回 龍谷大平安と福知山成美の2校が選抜出場で活気溢れる春季京都大会を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
京都すばるが3安打完封で京都成章を下す!2回戦3試合を徹底レポート!【秋季京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
東山vs西京【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第706回 龍谷大平安を破る原動力となった大杉渉太(東山)成長を生んだ苦悩の日々 【2018年インタビュー】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都翔英vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
東山vs龍谷大平安【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第508回 高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」京都編【大会展望・総括コラム】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
菟道 【高校別データ】
東山 【高校別データ】
平成30年度 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

東山母校150周年に!昭和52年度卒業生 2018.09.20
今年の夏は惜しかった!
もうすぐ母校150周年記念式典です
想い出に残る試合を続けて下さい!
近畿大会へ連れていって

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る