2018年05月20日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

京都翔英vs東山

2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦 三位決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

今井の完封で京都翔英が3位



9回に本塁へ生還した梧桐大真
  

 京都翔英東山による3位決定戦は京都翔英のエースナンバーを背負う今井 大志(2年)が被安打4無失点の好投。完封勝利で春季大会を締めくくった。

  

 前日の準決勝(立命館宇治戦)では5回5失点と不本意な投球だった今井だが、この日は違った。生命線のツーシームを中心にストレートとスライダーを上手く織り交ぜ、東山打線に的を絞らせない。一方の東山先発の小山湧平(3年)もキレのあるストレートを武器に5回まで被安打2の好投。互いに得点が入らないまま5回を終える。

  

 試合が動いたのは6回表だった。二死から2番の新田広晴(3年)、3番・山本 仁(2年)の連打で一、三塁のチャンスを作る。山本 仁の盗塁で二、三塁となった後に4番・田中優吉(3年)の一塁手のグラブをはじく強烈な当たりで内野安打となり、二者が生還。ようやく欲しかった先制点を取ることができた。

  

 先取点を貰った後も今井は「バックが声をかけて下さるので集中できた」と走者を出すことはあっても要所で三振を奪い、東山に反撃のきっかけを与えない。

  

 追加点が欲しい京都翔英は9回表に先頭の7番・梧桐大真(2年)の二塁打から一死三塁のチャンスを作ると、9番・今井の遊撃ゴロで梧桐が好スタートで生還。投手戦の中で貴重な1点を挙げた。

  

 今井は最後まで球威は衰えず、公式戦初完封。京都翔英はエースの好投で春季大会を終えた。

  

 京都翔英の伊地知正喜監督は「今井はインコースを攻めて散らすことがキッチリできていました。この春は今井の成長が大きいです」とエースの好投を評価した。秋にエースナンバーを背負った遠藤 慎也(2年)は足の故障で今大会はメンバーから外れたが、現時点で練習には復帰しており、夏には問題なく間に合う見込みだという。盤石の布陣で戦う夏は2年ぶりの頂点を目指す。

 

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
京都翔英高初のプロ野球選手!楽天・石原彪が初安打に初盗塁! 【ニュース - 高校野球関連】
福知山成美、京都外大西が勝利!準々決勝2試合を徹底レポート!【秋季京都大会】 【ニュース - 高校野球関連】
京都外大西vs京都翔英【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
東山vs菟道【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
東山vs西京【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第706回 龍谷大平安を破る原動力となった大杉渉太(東山)成長を生んだ苦悩の日々 【2018年インタビュー】
立命館宇治vs京都翔英【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第66回 記念すべき第1回大会制覇の歴史を背負いつつ、新時代へ【京都・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第508回 高校野球ドットコム座談会 「2017年夏の展望を語り尽くす!!」京都編【大会展望・総括コラム】
第21回 東山(京都)バスケット部「自分のポジションの適正にあったトレーニングを行おう」【後編】【他競技のスペシャリストから学ぼう】
第450回 京都翔英高等学校 石原 彪選手「自慢の強肩とフルスイングでファンを魅了する強打の捕手になっていきたい」 【2016年インタビュー】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
京都翔英 【高校別データ】
東山 【高校別データ】
平成30年度 春季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る