2018年05月04日 京都府立山城総合運動公園野球場(太陽が丘球場)

乙訓vs北稜

2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

乙訓がコールドで8強進出



川畑大地(乙訓)

 今年のセンバツで甲子園初出場、初勝利を挙げた乙訓。センバツ以来の公式戦となったが、力を存分に発揮して北稜を8回コールドで下した。

 乙訓の先発はエースの川畑 大地(3年)。二死から3番の石井耀太郎(2年)に安打を許すが、初回を無失点に抑える上々の立ち上がりを見せる。

 するとその裏、乙訓北稜の先発・相生温大(3年)を攻め、無死二、三塁のチャンスを作る。ここで3番の浅堀 大暉(3年)がセンターの頭上を超える適時二塁打を放ち、2点を先制。さらにこの後、暴投で1点を追加し、初回で3点のリードを奪った。

  反撃したい北稜は2回に5番の相生と6番・山本京真(3年)の連打で無死一、三塁とする。さらに続く7番の岸本大輝(3年)の併殺の間に相生が生還。1点を返し、反撃ムードが漂う。

 しかし、簡単に流れを渡さないのが今年の乙訓。1点を返された直後に一死一塁から2番に抜擢された片岡 正之介(3年)のレフトオーバーの適時二塁打で1点を追加。再び乙訓に流れを呼び戻した。

 打線好調の乙訓は3回と4回にも1点ずつを追加。川畑も3回以降は得点を許さず、完全にゲームの主導権を握る。

 5回、6回と無得点の乙訓だが、7回には川畑の適時打で1点を追加。8回には二死二塁からスタメンでここまで唯一無安打だった主将の7番・中川健太郎(3年)の右前適時打で7点差となり、コールド成立。先発全員15安打の猛攻で乙訓が8強に進み、夏のシード権を獲得した。

 乙訓の市川靖久監督は試合後、「打線が久しぶりに繋がった」と振り返った。センバツ後は打線が低調だったそうだが、この試合で復調を印象づけた。この春については「優勝を目指してやりたいとは思いますが、新しい戦力も考えていきたい」と胸の内を明かした。甲子園を経験し、強豪校の風格も出てきた乙訓。これからの戦いぶりに注目したい。

(文・写真=馬場 遼)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園通算200勝の権利を手にするのは?京都の秋を展望! 【ニュース - コラム】
第786回 甲子園通算200勝の権利はどこに?秋季京都大会2次戦を展望【大会展望・総括コラム】
乙訓、京都翔英が二次戦へ【秋季京都府大会 一次戦・17日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第754回 圧倒的強さ見せた龍谷大平安、激闘の京都大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
センバツ出場乙訓のWエース川畑・富山投手の野球ノートに綴られたチームへの想いとは【現地記者の高校野球取材ノート】
龍谷大平安vs乙訓【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
乙訓vs京都成章【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
第712回 乙訓や龍谷大平安など注目校が目白押し!京都大会を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第164回 ミレニアム世代のトッププロスペクトたち Vol.8「川畑大地、日置航」【ドラフト特集】
滝川第二vs乙訓【2018年春の大会 平成30年度春季近畿地区高等学校野球大会】
乙訓vs東山【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
乙訓vs立命館宇治【京都府 2018年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
乙訓 【高校別データ】
北稜 【高校別データ】
平成30年度 春季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る