2017年05月13日 わかさスタジアム京都(京都市西京極総合運動公園野球場)

京都国際vs東山

2017年春の大会 平成28年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

3時間44分の熱闘。京都国際が昨秋王者・東山を破る!



上田(京都国際)

 5回終了時のスコアは3-1。

しかし東山京都国際、打線に力のあるチーム同士の試合がそのまますんなり終わるはずはなかった。

 先発マウンドに上がったのは共に背番号10の右腕。東山は力投派の高橋、京都国際は右サイドの中川英が立ち上がりに制球を乱したものの試合を作る。スコア同様、京都国際がやや押し気味に試合を進めていたが、東山は2点を追う7回、一死からキャプテン・長谷川が安打で出塁すると、3番・田中もライト前への安打で続き、4番・大西が左中間へ同点の2点適時二塁打を放つ。3連打で試合を振り出しに戻した。

 京都国際はその裏、3番・池田が二塁打でチャンスメイクすると、二死後、上野、清水、中尾が3連打。再び2点の勝ち越しに成功した。リードを奪うと直前の攻撃で中川英に代打を送っていたため、8回から背番号1の横江がマウンドへ。横江は球威のある右のオーバースローで、特にスライダーのキレが鋭くワンバウンドする球で空振りを奪える。ストレートに合わせつつ対応する、というのは難易度が高く、捨てるか狙うかハッキリさせないと攻略は難しい。

 終盤で2点を追う東山は粘投の高橋に代打・高倉を送るとセンター前に運ぶ。代走・木村宗が横江の牽制悪送球で二塁に進むと、小柄だが俊足の9番・宮口がセーフティ気味に転がし、一塁もセーフ。無死一、三塁からシャープなスイングを見せていた1番・増田は空振り三振に倒れたが、最後の1球がワイルドピッチとなり木村宗が生還。さらに一死二塁から長谷川があわや本塁打というレフトフェンス直撃の適時二塁打で同点とする。

 味方が追いついた直後の大事なイニングは、この回からマウンドに上がった金和が三者凡退に抑える。秋には横の変化とチェンジアップでかわすスタイルの投球を見せていたが、昨秋優勝の立役者は一冬越えて球威が増した。球速が上がることでより変化球が生きる。ミートセンスのある1番・安藤から始まった京都国際の攻撃はこれが4度目だったが、初めて3人で攻撃を終了した。

 9回は共に無得点に終わり、試合は延長戦へ。

【次のページ】 京都国際vs東山(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
近畿大会の出場校が出揃う!最後の一枠は厳しいブロックを勝ち抜いた京都国際! 【ニュース - 高校野球関連】
京都国際が優勝!近畿大会出場へ!【春季京都府大会二次戦 19日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
立命館宇治vs東山【京都府 2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都国際vs京都共栄【京都府 2019年春の大会 平成30年度春季京都府高等学校野球大会 2次戦】
第851回 龍谷大平安と福知山成美の2校が選抜出場で活気溢れる春季京都大会を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
第882回 一途にプロ入り目指す野球の求道者・上野響平(京都国際)【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 京都国際を初の近畿大会へ導いた上野響平が夏の準決勝敗退から得たもの【前編】 【2019年インタビュー】
第528回 細かい野球を追求し悲願の甲子園へ 京都国際(京都)【後編】【野球部訪問】
第526回 高い向上心と高い意識で初の聖地を目指す京都国際(京都)【前編】【野球部訪問】
第809回 近畿6枠はどうなる?龍谷大平安の優勝で幕を閉じた秋季近畿大会を総括!【大会展望・総括コラム】
第803回 今年の京都は混戦模様!今後伸びるのはどのチーム? 2018年秋季京都大会を総括!【大会展望・総括コラム】
東山vs菟道【京都府 2018年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
京都国際vs京都共栄【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
東山vs西京【京都府 2018年夏の大会 第100回選手権京都大会】
第706回 龍谷大平安を破る原動力となった大杉渉太(東山)成長を生んだ苦悩の日々 【2018年インタビュー】
第6回 第96回選手権京都大会 龍谷大平安、78チームの頂点に!今大会を振り返る!! 【2014年選手権大会】
京都国際 【高校別データ】
東山 【高校別データ】
春季京都府高等学校野球大会 2次戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

京都府地域応援スポンサー

京都府の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る