2015年07月07日 藤崎台県営野球場

東海大星翔vs菊池農

2015年夏の大会 第97回選手権熊本大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

4番峰松が1番に!打線組み替えながら20得点で東海大星翔が5回コールド勝ち!

 春の県大会準優勝東海大星翔が初戦を迎えた。
 試合運びが難しい初戦だが、初回から打線が圧倒した。1回裏、1番峰松 直道(3年)が四球で出塁すると、2番薬師寺裕貴(3年)の犠打が相手のミスを誘い、峰松が一気に生還。さらに3番山河 和也(3年)の犠飛で2対0とすると、その後 2回裏は打者9人の攻めで4得点。さらに3回裏は打者11人で攻め、一挙7得点。 完全に試合を決めた形となった。そして4回裏も打者13人の攻めで、この回も7得点。打線は活発につながり5回コールド勝ちを決めた。

投げてはエースの江口 駿希(3年・181センチ78キロ・右投げ右打ち)が好投。ワインドアップから始動し、左足を高々と上げるフォームから真っ直ぐ踏み込んでいき、左腕のグラブを高く掲げたところから一気に振り下ろすフォーム。常時130キロ前半~135キロ(最速138キロ)のストレートは勢いがあったが、むしろ良かったのは変化球で、縦割れのカーブに、鋭く曲がるスライダーのキレ味が秀逸。この日は打たせて取る投球に終始し、球数少なく抑える投球に終始していた。

 また東海大星翔は、打線の面で、ある工夫がされていた。4番を打っていた峰松は1番へ、長打力がウリの豊田 幸平(3年・172センチ68キロ・右投げ右打ち)が9番に座ったのは驚きであった。峰松は打順が変わっても存在感を示していた。スタンスを広げた構えからリリースする寸前に動き始める遅い始動で、ボールを手元まで引き付けてレベルスイングでボールを捉える選手。第1打席、第2打席はヘッドが遠回りしていたが、第3打席以降は、インパクトまで無駄なくスイングができており、鋭い打球を飛ばしており、計3安打を放った。 また広角に打ち分け、センターからの返球で鋭いボールを投げ込む山河 和也(177センチ68キロ)、強肩が光る遊撃守備に加え、シャープなスイングが光った6番ショートの岡本 志遠(右投げ右打ち・178センチ73キロ)も覚えておきたい選手であった。32年ぶりの甲子園を目指す東海大星翔にとっては良い滑り出しを切ったといっていいだろう。

(文=河嶋 宗一

要チェックコラム!
僕らの熱い夏2015 東海大学付属熊本星翔高等学校(熊本)

関連記事
・あの学校の取り組みは?!熊本県の野球部訪問を一挙紹介!(主な学校:九州学院、濟々黌、宇土、熊本国府)
・夏よりも熱い!全国の野球部に迫った人気企画 「僕らの熱い夏2015」

第97回全国高等学校野球選手権大会
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
九州学院が秀岳館を下し決勝進出!【選手権熊本大会・23日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
秀岳館、九州学院がベスト4!【選手権熊本大会・19日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第938回 3大大会の優勝校はすべて変わる混戦模様の熊本を制するのは?【大会展望・総括コラム】
第43回 チームの武器「粘り強さ」で九州大会出場!熊本国府(熊本)のオフシーズン!【冬が僕らを強くする2019】
第48回 東海大星翔(熊本)【35年ぶり2回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
大垣日大vs東海大星翔【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第90回 秀岳館旋風から新たな構図も出来て伝統の熊本工に九州学院、文徳も【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第719回 明日開幕!本命不在の熊本大会を制するのはどこだ?【大会展望】【大会展望・総括コラム】
熊本第二vs菊池農【熊本県 2011年秋の大会 第129回九州地区高校野球熊本大会】
城北vs菊池農【熊本県 2011年春の大会 第128回九州地区高校野球熊本大会】
菊池農 【高校別データ】
東海大星翔 【高校別データ】
第97回全国高等学校野球選手権熊本大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

熊本県地域応援スポンサー

熊本県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る