2012年06月17日 高知県立春野運動公園野球場

明徳義塾vs大阪桐蔭

2012年高知県高等学校野球連盟特別招待野球 招待試合
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

 

クレバーで強気なリードが戻ってきた杉原賢吾(明徳義塾)

春の四国王者対センバツ覇者!

公式戦と同じつもりで戦うように伝えましたが・・・完敗です。確かにアクシデント(1回表先頭打者の大西 友也(3年)が左頬に受け退場。骨折はない見込み)はありましたけど、それも含めて野球ですから。先発の藤浪 晋太郎(3年)も、ボールも高かったし粘れなかった。まだ力不足ですね」。

大阪桐蔭の側に立ってみれば、西谷浩一監督のコメント通りの試合であった。
今年に入ってから選抜大会大阪府大会近畿大会ばかりでなく練習試合含め負けなし。春夏全国制覇へ向け更なる自信を得るため意気揚々と高知県に乗り込み、徳島商業戦でも16安打11得点を奪った彼らにとって、明徳義塾戦での敗戦は6安打1得点に終わった内容含め望外の出来事だったに違いない。

ただ、それは春の四国王者である明徳義塾大阪桐蔭の長所を消したことの現れでもある。「自分が投げて負けてしまった責任を感じる」と試合後に話した藤浪は相手打線についてこう語っている。

「試合巧者との対戦で粘りたかったが、甘いボールをシャープに捉えられました」。

では、1回表には一死1・3塁から浅い守備位置のレフトグラブをかすめる先制の2点タイムリー二塁打。5回には西岡 貴成(2年)の右中間二塁打を引き出す、強烈なヒットを放った4番・岸 潤一郎(1年)はどう藤浪に対峙したのだろう。彼のコメントはこうだ。

「藤浪さんはコントロールがいいので、打ちやすさはありました。初回はストレート待ちでスライダーを打ちましたけど、当たりとしてはストレートを待ちでそのまま打った5回の方がよかったです」。

【次のページ】 明徳義塾vs大阪桐蔭(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏への準備は始まっている?四国大会の総括、そして四国4県地方大会のシード状況 【ニュース - コラム】
第900回 【春季四国大会総括】夏の準備は、できているか?【大会展望・総括コラム】
明徳義塾が令和の初代四国王者!富岡西との決勝を徹底レポート!【春季四国大会】 【ニュース - 高校野球関連】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第893回 「令和最初」の地区王者目指し 坊っちゃんスタジアムが熱く燃える!【大会展望・総括コラム】
第956回 刺激を受けて、子供たちに刺激を与える選手に 森木大智(高知)【後編】 【2019年インタビュー】
第78回 平成最後の日。平成の怪物と呼ばれた投手を振り返る【高校野球コラム】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第940回 強打で掴んだタイガースカップ敢闘賞 沖寛太(紀州ボーイズ) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第41回 斬新に歴史重ねた「第11回少年硬式野球四国選手権」で輝いたネクスト球児たち【四国発】
明徳義塾vs高知工【高知県 2019年春の大会 平成31年度春季高知県大会】
第853回 「フリー抽選」の春・高知王座決定戦!春季高知県大会を徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第917回 投手として打者として「打倒・大阪桐蔭」を目指す 小畠一心(オール住之江ヤング)【後編】 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

高知県地域応援スポンサー

高知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る