2019年10月06日 高知市東部総合運動場野球場(高知市東部野球場)

明徳義塾vs高知工

2019年秋の大会 高知県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾、苦しみながらも7年連続四国大会へ王手!



明徳義塾7回裏二死三塁から2番・合田涼真(2年・一塁手)がコールド勝ちを決める左適時打

 「ブルペンからボールが浮いて心配しとった」
 試合後に馬淵 史郎監督がぼやいた通り、この日の明徳義塾新地 智也(2年・175センチ70キロ・左投左打・岡山ヤングメッツ<岡山>出身)の状態は悪い部類に属するものだった。2回表は二死二塁から高知工7番・杉本 蓮(2年・中堅手・173センチ68キロ・右投左打・高知市立旭中出身)に2ランを浴びるなど、7回110球・被安打9の4失点(自責点3)。無四球にはしのいだものの、変化球が定まらず甘いストレートを狙い打たれる悪循環に陥っていた。

 それでも明徳義塾は名門の誇りとプライドは失っていなかった。3回裏にすぐさま3番・鈴木 大照(2年主将・捕手・右投右打・170センチ67キロ・河南リトルシニア<大阪>出身)の左越2ランなどで逆転すると、4回裏には1番・奥野 翔琉(2年・右翼手・右投左打・173センチ64キロ・明徳義塾中出身)の右越2ランなどで3点。その後も着々と加点し、最後は7回裏二死三塁から2番・合田 涼真(2年・一塁手・175センチ67キロ・右投右打・伊予三島リトルシニア出身)のこの日3打点目となる左前打でコールド勝ちを決めた。

 これで明徳義塾は7年連続30度目の秋季四国地区高等学校野球大会出場へ王手。その先にある2年ぶり19回目のセンバツ出場へ向けて糧としたい「苦戦」であった。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
これが新たな健大高崎スタイル。継投策で、九州王者・明豊にサヨナラ勝ち!初出場で4強へ 【ニュース - 高校野球関連】
プロ注目の最速148キロ右腕・高橋宏斗(中京大中京)が明徳義塾打線を封じる! 【ニュース - 高校野球関連】
第985回 第50回記念 神宮大会を沸かせる16名の逸材打者たち!【明治神宮大会】【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第8回 明徳義塾高等学校(高知・四国地区代表)「史上初の3位校から四国制覇!反発力で一戦必勝へ」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs小松【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第983回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・後編】【大会展望・総括コラム】
第59回 秋の四国で見つけたダイヤの原石第3回 和田 育也(高知中央2年・投手)【四国発】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
高知工 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第72回秋季四国地区高等学校野球大会高知県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

高知県地域応援スポンサー

高知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る