2019年10月06日 高知市東部総合運動場野球場(高知市東部野球場)

明徳義塾vs高知工

2019年秋の大会 高知県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾、苦しみながらも7年連続四国大会へ王手!



明徳義塾7回裏二死三塁から2番・合田涼真(2年・一塁手)がコールド勝ちを決める左適時打

 「ブルペンからボールが浮いて心配しとった」
 試合後に馬淵 史郎監督がぼやいた通り、この日の明徳義塾新地 智也(2年・175センチ70キロ・左投左打・岡山ヤングメッツ<岡山>出身)の状態は悪い部類に属するものだった。2回表は二死二塁から高知工7番・杉本 蓮(2年・中堅手・173センチ68キロ・右投左打・高知市立旭中出身)に2ランを浴びるなど、7回110球・被安打9の4失点(自責点3)。無四球にはしのいだものの、変化球が定まらず甘いストレートを狙い打たれる悪循環に陥っていた。

 それでも明徳義塾は名門の誇りとプライドは失っていなかった。3回裏にすぐさま3番・鈴木 大照(2年主将・捕手・右投右打・170センチ67キロ・河南リトルシニア<大阪>出身)の左越2ランなどで逆転すると、4回裏には1番・奥野 翔琉(2年・右翼手・右投左打・173センチ64キロ・明徳義塾中出身)の右越2ランなどで3点。その後も着々と加点し、最後は7回裏二死三塁から2番・合田 涼真(2年・一塁手・175センチ67キロ・右投右打・伊予三島リトルシニア出身)のこの日3打点目となる左前打でコールド勝ちを決めた。

 これで明徳義塾は7年連続30度目の秋季四国地区高等学校野球大会出場へ王手。その先にある2年ぶり19回目のセンバツ出場へ向けて糧としたい「苦戦」であった。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
両校のエース・岸と山岡がプロ入り!2013年夏の2回戦を戦った明徳義塾と瀬戸内ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
岸潤一郎(明徳義塾出身)がプロ初打席!右飛も初球からフルスイング!! 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
高知工 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第72回秋季四国地区高等学校野球大会高知県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

高知県地域応援スポンサー

高知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る