2018年07月16日 高知県立春野運動公園野球場

明徳義塾vs高知中央

2018年夏の大会 第100回選手権高知大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

明徳義塾、高知中央「変則左腕」に苦しみながら初戦突破

 大会9連覇を目指す明徳義塾にとっては、実に苦しい夏初戦だった。初回、一死一・三塁から高校通算35本塁打の4番・谷合 悠斗(3年・左翼手・180センチ90キロ・右投げ右打・ヤング岡山メッツ<岡山>出身)の左犠飛で先制するも、最速149キロ右サイド・市川 悠太(3年・185センチ75キロ・右投右打・高知市立潮江中出身)の立ち上がりに乱れが生じた。

 

 高知中央は一死から四球に続き3番・岡本 布武希(3年・中堅手・172センチ72キロ・右投左打・南国ヤングマリナーズ出身)が右翼線二塁打。ここで市川の148キロを相手捕手が後逸し同点。併殺崩れで勝ち越し。その後は2年生左腕・濱田 海渡(2年・171センチ66キロ・左投左打・尼崎西リトルシニア<兵庫>出身) が上手・横手・下手を巧みに使い分け、3回表には無死一・三塁のピンチも0で切り抜けた。

 

 さらに3回裏にも先頭の1番・西仲 龍大(3年主将・168センチ65キロ・右投右打・尼崎北リトルシニア<兵庫>出身)が中前安打で出塁し、再び突き放しにかかる高知中央。しかし、ここでようやく明徳義塾のスイッチが「ONモード」に入る。

 

 この回は市川が春以降、得意にしているけん制で西仲を刺し0で切り抜けると、4回表は市川の二塁打を契機に一死三塁から1番・眞鍋 陸(3年・右翼手・175センチ71キロ・右投左打・明徳義塾中出身)の右犠飛で同点。6回表には再び市川が左前打で出塁した後の二死二塁から再び眞鍋がライト線へ運ぶ二塁打で勝ち越し。さらに7回表にはこの回途中で交代した川久保 奨騎(2年・179センチ80キロ・右投右打・高知市立城北中出身)から6番・安田 陸(2年・177センチ80キロ・右投右打・明徳義塾中出身)が左前適時打を放ち、高知中央を突き放した。

 

 結局、明徳義塾・市川は8回裏に脚がつるアクシデントがありながらも118球6安打8奪三振・四死球3・失点2・自責点0で完投勝利。夏初戦の難しさに苦しみながらも、明徳義塾が侍ジャパンU18エース候補の奮闘で9年連続の甲子園出場まで「あと3勝」とした

 

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
明徳義塾OB・岸潤一郎が語る、「高校野球は必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【ニュース - インタビュー】
第1023回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
東海大相模vs近江や明石商vs花咲徳栄など激戦が続いた2回戦16試合のダイジェスト! 【ニュース - コラム】
第44回 名勝負あり、逆転劇あり2回戦16試合も見ごたえ満載!【101回大会特集】
第949回 第101回全国高等学校野球選手権高知大会総括  森木 大智が蒔いた「熱闘」の種【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs明徳義塾【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第956回 星稜が登場!また明徳義塾vs智辯和歌山、津田学園vs履正社など注目カードも続出!8日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第27回 四国勢の逆襲か?過去10年間における「初戦勝率」から分析【101回大会特集】
明徳義塾vs藤蔭【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第25回 「球数制限」の見地から明徳義塾vs藤蔭を分析すると……【101回大会特集】
明徳義塾vs富岡西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs松山聖陵【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
第636回 市川 悠太(明徳義塾2年・投手)目指すは春夏連覇と「ドラフト1位」【後編】 【2018年インタビュー】
高知中央 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 高知大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

高知県地域応援スポンサー

高知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る