2017年04月15日 高知県立春野運動公園野球場

明徳義塾vs中村

2017年春の大会 平成29年度春季高知県大会 春季四国大会代表校決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

「両校全員出塁」から見える「対・全国」への課題



明徳義塾先発・北本 佑斗(3年)

 この試合ではある記録が達成された。「両校全員出塁」。明徳義塾は11安打6四死球。中村が6安打7四死球。両者が9人ずつの出場に留まったことが大きな要因ではあるが、通常は大勝時の条件ともいえる「全員出塁」が7対1のゲームで勝者・敗者共に出現したのは極めて珍しいと言えるだろう。

 ただこの「両校全員出塁」、裏を返せば明徳義塾は「夏の高知大会決勝なら送りバントをする場面でも、全国で勝つことを考えて打たせにいった」(馬淵 史郎監督)ことによる3併殺。中村は「試合前はエンドランとかでどんどん仕掛けていこうと思ったが、(打者4人で3失点した)1回裏の失点があまりに悪かったので、そこから先は慎重になってしまって」(横山 真哉監督)9残塁。その帰結といってもよい。

 もちろん「夏の高知大会頂点を見据える上では」収穫も両校あった。明徳義塾では昨秋6安打完封された中村エース・北原 野空(3年・右投右打・168センチ71キロ・高知県立中村中出身)のツーシーム見極めが奏功。「思い切りがいい」(馬淵監督)を買われて1番に抜擢された島田 直樹(3年・三塁手・右投右打・171センチ65キロ・大阪和泉ボーイズ<大阪>出身)も2安打1打点1得点と、戦力の枠に入る活躍。さらに、センバツでは早稲田実業(東京)の強力打線に力尽きた左腕・北本 佑斗(3年・投手・左投左打・170センチ68キロ・大阪泉北ボーイズ<大阪>出身)も内外角チェンジアップの精度に伸長が見えた。

 中村もセンバツ9回表二死から打点を刻んだ6番・岡上 颯(3年・中堅手・右投左打・181センチ63キロ・四万十市立中村中出身)が、この試合でも6回表一死から「変化球狙いでストレートに反応して」右翼ポール際に叩き込む豪快な高校初アーチ。この日は最速135キロを連発。「3回裏に4番の谷合 悠斗(2年・左翼手・右投右打・178センチ83キロ・岡山メッツ<岡山・ヤングリーグ出身>)くんを空振り三振、5回裏に3番・西浦 颯大(3年・右翼手・右投左打・熊本北リトルシニア<熊本>出身)くんを見逃し三振に取ったストレートは伸びがあった」語った北原も、夏への修正ポイントを得た様子であった。

 しかしながら、これを聖地での戦いにあてはめると……到底、満足できるものではない。今後、明徳義塾は5月3日(火・祝)~5日(木・祝)の春季四国大会(徳島県開催)、5月20日(土)~22日(月)の県総体を挟んで全国強豪との練習試合を戦い、中村も県総体後、6月11日(日)開催の高知県高野連特別招待試合では広島新庄(広島)と戦うなど、四国内外のチームと腕試しを予定。現状、四国内においてこの夏、全国で勝ちきれる可能性を持つ両校だからこそ、この試合を糧に「対・全国」を見据えたさらなる鍛錬を積んでほしい。

(取材・写真=寺下 友徳

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高知県の組み合わせが決定 明徳義塾や秋の王者・高知中央の初戦は? 【ニュース - 高校野球関連】
「甲子園の申し子」岸が初出場!2012年4強入りを果たした明徳義塾ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第252回 2003年世代は投手豊作年!?森木大智、笹倉世凪、松浦慶斗など豪腕揃い【前編】【ドラフト特集コラム】
第6回 初戦突破率87%!四国を代表する名門・明徳義塾の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第73回 「いろいろな人の夢を背負って」頑張ってほしい 恩師が語る・森 唯斗(福岡ソフトバンクホークス)【後編】【恩師が語るヒーローの高校時代】
第1108回 蘇ったスター・岸潤一郎(徳島-西武)が振り返る独立リーグ時代。「心の底からNPBに行きたい気持ちでやったのは初めて」  【2020年インタビュー】
第1000回 明徳義塾(高知・2年ぶり19回目の出場)「逆転の明徳義塾」で全冠制覇を目指す!【センバツ2020】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs星稜【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明徳義塾vs尽誠学園【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs高知中央【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
明徳義塾vs徳島北【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第1030回 岸 潤一郎(明徳義塾出身)高校野球は「必死にやる楽しみを味わえる3年間」 【2019年インタビュー】
第911回 ユーティリティプレーヤーとしてNPBへ 岸潤一郎(徳島インディゴソックス) 【2019年インタビュー】
第786回 挫折と学習繰り返し「プロで長くできる」右のスリークォーターへ 市川 悠太(明徳義塾) 【2018年インタビュー】
第756回 復活傾向の市川悠太(明徳義塾)自身の野球人生をかけ、強気勝負で駆け上がる 【2018年インタビュー】
中村 【高校別データ】
明徳義塾 【高校別データ】
第70回春季四国地区高等学校野球大会高知県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

高知県地域応援スポンサー

高知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る