きみと身親の御恩味わい、涙の明徳義塾5年連続16回目の甲子園出場!

 両校譲らぬ打撃戦を制し、明徳義塾が5年連続16回目の甲子園出場を手にした。

 高知大会決勝戦は4年連続で明徳義塾高知

 明徳義塾は1回表、先頭打者1番・高野 航平右翼手(3年)がヒットで出塁、2回表にも先頭打者7番・水野 克哉捕手(3年)が外野席後方へホームランを叩きこむなどで4点を先取。これに高知のエースである先発・酒井 祐弥投手(3年)は1回1/3を投げ、鶴井 拓人投手(2年)にバトンを渡した。

 しかし第1試合から今日までの試合を全て完投し、この日も先発マウンドに立つ明徳義塾岸 潤一郎投手(3年)も、初回から3回までを無失点で抑えているものの長短打での出塁を許していた。

 4点を追う高知に4回裏、追い風が吹く。
高知7番・関真一塁手(3年)が2塁打、8番・鶴井投手が三遊間を抜ける左前打。9番・藤堂雅己左翼手(3年)が明徳義塾・岸投手の顔の横を抜ける痛烈な中前打で出塁、これで1点をもぎ取る。

 続く1番・上田 隼也中堅手(3年)、2番・松本歩右翼手(3年)、4番・川上雄大二塁手(3年)、5番川上翔大捕手(3年)が長短打で出塁、この回7本の安打で一気に5点を挙げ、4対5と高知が逆転する。