勝敗を分けた場面の裏側…未来に生かすための提言!

「後味が悪いです」
勝った日大藤沢の山本秀明監督が、思わずこうもらした。

それには理由がある。
2対2の同点で迎えた9回裏の攻撃。一死満塁からキャプテンの伊藤修太(3年)はサード頭上へのフライを打ち上げた。
即座に球審がインフィールドフライを宣告。打球は強風に流され、追いかけたサードの葛西鴻太(3年)は転倒。ショートの山本将好(3年)が捕球したが、その後に“間”ができた。
二死にこぎつけて、ホッとした武相ナインがマウンドに集まったその瞬間、三塁走者の齊藤歩が本塁へダッシュし、ベースを踏んだ。
タイムがかかっていなかったため、得点が認められたのだ。1年生とは思えない齊藤の好判断、好走塁だったが、この判定に武相の選手たちが黙っていなかった。
サードの葛西が転倒後、起き上がったときにタイムをかけたと主張。

「(タイムと)言った、言った」

審判につかみかからんばかりの勢いだった。他の選手も同様。納得がいかず、土を蹴り上げる姿も見られた。まさに勝敗を分ける場面だけに、彼らの心情は理解できる。
だが、タイムと言っても審判が認めなければタイムではない。タイムがかかっているのか審判のコールやジェスチャーを確認するべきだった。

とはいえ、このゲームでの武相ナインにも同情すべき部分はある。この試合で判定に泣かされたのはこれだけではない。その前にもあったのだ。

一度目は6回表無死一塁の場面。三番村尾 信義(2年)の痛烈な当たりは快音を残してレフトへ。
打球はレフトの前でワンバウンドしたように見えたが、三塁塁審の判定は直接捕球。二塁に進んでいた一塁走者は戻れず、無死一、二塁のはずが二死走者無しになってしまった。

この場面、三塁塁審のコールのタイミングが少し遅かった。捕球したレフトからの返球がセカンドに戻ってきたあたりでようやくアウトのジェスチャー。これでは走者はどうすることもできない。武相の桑元孝雄監督が簡単に引き下がるわけにはいかないのは当然だった。
背番号20の桂田大地(3年)を伝令に送って何度も審判に協議をして確認するよう要求。だが、もちろん判定は変わるはずもない。これで流れを失ってしまった武相は、その直後の6回裏にミス絡みで勝ち越し点を与えることになった。

「あれでは選手がプレーできません。アウトかセーフかを早くコールしてもらわないと。ジャッジが変えられないのはわかっていましたが…。(もし)見きれなければ他の審判に聞くこともできると思います。一発勝負では“あの1球”で決まるというのが醍醐味。そこにちゃんとしたジャッジを見せてもらわないと。子供たちはその1球に懸けてきているわけですから。今後、審判技術をどう改善するのか聞きたいですね」

桑元監督は怒った口調ではなく、務めて冷静にそう語った。審判も人間。ミスもあるのは理解している。
だが、高校生にとっては3年間の集大成。「はい、そうですか」と済ますわけにはいかない。この試合で涙を流すことになった3年生のためにも、審判の技術向上へ、今後どうするべきか提言したのだ。