2012年05月08日 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場(保土ヶ谷・神奈川新聞スタジアム)

横浜隼人vs横浜

2012年春の大会 春季神奈川県大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

2安打・島田(横浜隼人)

「逆転の横浜隼人」が初優勝

今大会勢いに乗る横浜隼人が、昨秋の王者・横浜をまたも逆転で下し、悲願の初優勝を遂げた。
これで県大会7試合中6試合が逆転。4回戦から慶應義塾横浜商大高東海大相模横浜と、私立の実力校を連破。価値ある初優勝となった。

意外と思える代打だった。
5回表、横浜隼人は0対1とリードされている場面で、先頭の清水拓哉が二塁打で出塁。続く打者は8番の相原貴俊。準決勝ではフル出場を果たしたキャッチャーである。ここで、水谷哲也監督は相原に代えて、代打に2年生の島田英二を送った。
サインはバントだったが、四球を選び、無死1、2塁に。その後、荒井晃樹のタイムリーが飛び出し、同点に追いついた。

『バントであれば、相原のままでもよかったのではないか?』
試合後にそんな疑問をぶつけてみると、「中盤から打ち合いになる。打ち合いに持ちこむのが、今年のうちの戦い。バッティングがいい島田を、はやめに使いました。それに島田は湘南クラブ(ボーイズリーグ)で全国大会準優勝のキャッチャー。“持っている”やつですから」と水谷監督は笑った。

この春、指揮官は相原と島田の二人を使い分けてきた。守備型の相原、攻撃型の島田という分け方だ。4回戦の慶應義塾戦では島田が先発し、途中から相原がマスクをかぶっている。

5回から代わった島田は、7回の先頭打者でヒットを放つと、8回には1死1塁からチャンスを広げる、レフト前ヒット。そのあと、左澤 優のタイムリーで同点、小高 章稔のセカンドゴロが併殺崩れ、さらにショート長谷川 寛之の悪送球が重なり、逆転に成功した。水谷監督の起用が見事にはまったといえる。

【次のページ】 横浜隼人vs横浜(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
村田浩明氏が監督就任の横浜は「ドラフト候補集団」 【ニュース - コラム】
第108回 新体制でスタートを切る横浜はドラフト候補集団【高校野球コラム】
2016年の高校BIG4 楽天の4年目・藤平尚真(横浜出身)は不振を脱し輝きを取り戻すか 【ニュース - 高校野球関連】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
金沢総合vs横浜翠陵【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第882回 目指すは「取手の山岡泰輔」 リベンジ実現し、5年ぶりの甲子園へ 中山航(藤代)【後編】 【2019年インタビュー】
横浜 【高校別データ】
横浜隼人 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る