準決勝で実現した神奈川の「桐桐対決」、“光”が“蔭”に1点差勝ち

 スポーツと学業で、それぞれ優れた生徒を育成していくという指針の両校。
言うならば、“文武分業型”とも言えるのだが、学校としてのタイプや目指す方向性が似ているというだけではなく、校名の字面もよく似ている。チーム名が1文字だけ入る横浜スタジアムのスコアボードには、先攻に「蔭」、後攻に「光」と入った。

 そんな、「桐桐対決」は、外野席も開放して多くの人も入っていたが、あと一つの決勝のイスを争うということで、いささか重苦しい空気の中で始まった。
桐蔭学園は力のあるエース左腕内海君、桐光学園は1年生左腕の松井君が大事な試合の先発を担った。
いくらか力みもあって、制球がややバラツキ気味だった内海君に対して、松井君は持ち味のタテのスライダーがよく決まって、1回、2回と3人で退けていた。そして、桐光学園が2回に2死二塁から1番伊東君の左中間二塁打で先制して試合が動き出した。

 4回には桐蔭学園は2番日比君の二塁打、桐光学園は再び伊東君の左越二塁打と、お互いに長打を生かして1点ずつ奪い合い迎えた5回。桐光学園は、この回からマウンドにはエースナンバーを付けた柏原君が立っていた。その代わり端に桐蔭学園は、制球がまだ定まり切らないところを突いて、死球とバント、安打で1死一三塁とすると、9番柳瀬君のスクイズで再び同点。さらに、1番阿部君が安打してつなぐと、一三塁から、一走阿部君が盗塁。送球がそれる間に三塁走者が生還して逆転した。

 守りのミスで、リードを許してしまった桐光学園だったが、慌てなかった。
「選手たちには、完璧を求めてはいません。(野球は)ミスはありますから、それを取り返せばいいんです」という野呂雅之監督の考え方が浸透しているので、気持ちにも余裕がある。