2011年04月24日 神奈川県立保土ヶ谷公園硬式野球場

慶応義塾vs桐蔭学園

2011年春の大会 春季神奈川県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

谷田(慶応義塾)

慶應義塾、緊迫の投手戦を2発で制す

 終わってみれば慶應義塾が2本のソロ本塁打で挙げた2点を守り切ったというわかりやすい試合だったというか、一発だけの得点といういくらか大味な試合になったともいえるかもしれない。
しかし、内容的にはしっかりとした守り合いで、さすがに神奈川県の8強対決だと思わせるものだった。

慶應義塾は初回、2死で三番谷田君がフルカウントから真ん中少し外寄りの球をしっかりと捉えてバックスクリーン横に放り込んだ。打球が外野手の頭上でグーンと伸びと行くような、プロ級の豪快な一打だった。これは、谷田君自身通算69本目だというが、芸術的アーチといっていいくらいのものだった。
この1点を追いかける桐蔭学園は5回、四球の八番内海君を二塁において2死から、一番阿部君がしぶとく三遊間を破って二走を帰して同点とした。
お互いの投手がいいだけに、次の1点が勝敗の行方を左右しそうな気配が濃厚だったのだが7回、慶應義塾はこの回先頭の四番沓掛君がジャストミートで運んだ打球が左翼スタンドに飛び込んだ。

前を打つ谷田君が歩かされるというケースが多く、自分で勝負されるという場面でコンパクトに打つことを要求される四番でもあるのだが、この回は先頭打者だったということもあって思い切りのいいスイングをすることが出来たのだが、それがドンピシャリのタイミングで捉えることになった。元々、一発を打つ力のある打者だから四番に座っているのだから、その本領を発揮したといってもいいだろう。

 慶應義塾としては8回にも代打小関君の左前打などで追加点の好機を得たのだが、ここは最後に桐蔭学園が藤岡君を送りこんで力で封じ切った。

【次のページ】 慶応義塾vs桐蔭学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
石川昂弥は高水準キープ!森敬斗、田部隼人のDeNA遊撃コンビが躍動! 【ニュース - 高校野球関連】
ホームランで存在感示したルーキー・森敬斗。変わらぬフルスイングとバージョンアップした部分 【ニュース - 高校野球関連】
第5回 思い通りにならなかった桐蔭時代、それでも最後までやり抜いた経験が財産となる。プロを経験し経営者として活躍 株式会社GSL・小野剛社長(桐蔭学園OB)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第1146回 元プロを父に持つ中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り 【2020年インタビュー】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐光学園vs慶應義塾【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1047回 覚醒目前!強打の核弾頭・森敬斗(桐蔭学園)を目覚めさせた指揮官のワンポイントアドバイス 【2019年インタビュー】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
桐蔭学園 【高校別データ】
春季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る