2010年09月12日 横須賀スタジアム

平塚学園vs桐蔭学園

2010年秋の大会 秋季神奈川県大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

内田(平塚学園)

右サイドスローが左打者を抑えるには

平塚学園桐蔭学園の自慢の投手陣を打ち崩し7回コールド勝ちでベスト8に進出した。

前評判を覆す戦いぶりを見せてくれたが、その立役者は平塚学園のエース内田だろう。内田は右のサイドハンド。桐蔭学園はスタメンのほとんどが左打者。右サイドハンドにとっては不利なのだが、持ち味のチェンジアップを駆使して桐蔭学園打線を封じ込めた。桐蔭学園の打者は動きながら打つ走り打ちが多く、チェンジアップに待ち切れずに空振りしてしまう打者が多かったのだ。外角の制球力は絶妙だが、それを意識させてインコースにスライダーを投げて、三振を奪う姿には唸らされた。実に考えた投球をしている。

彼の投球を見ていて左打者を抑えるヒントを見出してくれたのではないかと思っている。右のサイドハンドの殆どが、スライダーを武器にしている。彼もキレの良いスライダーを投げているが、スライダーは右打者にとって逃げていくボールになるので有効的だ。しかし左打者には中に入ってくるので、打たれやすい球種である。

面白いのは右サイドハンドが打たれる球種は実はスライダーではなく、置きにいった外角ストレートなのだ。
内田も外角に集めており、高めにいけば、置きにいったということになるが、今日は殆どが低めに集まっており、尚且つチェンジアップを駆使することができていたので、抑えることができていたのだ。この少ない球種だが、狙い球をはずす岡部のリードも巧みであった。

思えば九州学院の右サイドハンド渡辺政孝も左打者にはチェンジアップを有効的に使っていた。左打者がそろう東海大相模打線にはチェンジアップを中心とした投球で試合を作ることができていた。右サイドハンドの投手が左打者を抑えるには外角へ逃げる変化球をマスターできるかにかかっているだろう。この投球が出来れば上のレベルでも通用する。
次は優勝候補と目される横浜と対戦する。この試合で横浜の参謀・小倉 清一郎コーチが偵察に訪れていた。小倉コーチは内田攻略を編み出しているところであろう。全力で彼の攻略を図る横浜に対し、どう抑えていくか。非常に興味深い対戦となりそうだ。

桐蔭学園の先発は若林 晃弘(2年)。1年生から夏のマウンドを踏む本格派右腕だ。
右オーバーから振り下ろすストレートは常時120キロ後半~133キロ(マックスは136キロ)を計測。ストレートのスピードは秋の時点で頭一つ抜けているものがあるが、ミットに軽く収まる感じで、威力を欠けるストレートだ。そのためスライダー、カーブ、チェンジアップで交わす投球になる。2回まではそれで抑えることができていた。
しかし3イニング目から平塚学園の打者が変化球に狙いを定め、ワンアウト一塁から4連打を浴びて3失点。5回途中まで5失点で降板し、悔しい結果に終わった。
しかし安定したマウンド捌き・絶妙な牽制・1.1秒台の高速クイックと投手としてはある程度、完成されているだけに課題は球威不足ということが明らかになっただけでも収穫だろう。一冬のトレーニングで逞しくなった姿を見せてほしい。

【次のページ】 平塚学園vs桐蔭学園(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
松井裕樹は淺間、髙濱に一発浴び涙!茂木、則本は県4強 楽天主力選手の高校最後の夏を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
今年も頭角を現してきたスーパールーキー達!徳丸は本塁打、森木は148キロ! 【ニュース - コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
三浦学苑vs平塚学園【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第918回 横浜、東海大相模を阻む学校は現れるか?ノーシードの実力校も分析!【後編】【大会展望・総括コラム】
第918回 日大藤沢ブロックが最も熾烈!鎌倉学園、桐光学園の戦いの行方は?【前編】【大会展望・総括コラム】
第95回 早稲田大学編「大学野球の栄華を極めた、2000年代の『WASEDA』のつながり」【後編】【先輩・後輩・同級生!つながりトリビア】
向上vs桐蔭学園【神奈川県 2019年春の大会 神奈川県春季大会】
啓新vs桐蔭学園【第91回選抜高等学校野球大会】
第887回 指揮官も全幅の信頼を寄せる進藤勇也(筑陽学園)の捕手力 【2019年インタビュー】
第869回 「あれこれ考えない思い切り」が福岡大真(筑陽学園)の打撃を生み出した 【2019年インタビュー】
第885回 プレーに「粘り」を求め続ける新進気鋭の切り込み隊長・中村敢晴(筑陽学園) 【2019年インタビュー】
第867回 神宮で見せた大器の片鱗!西舘昂汰(筑陽学園)が狙うのは「甲子園で150キロ」 【2019年インタビュー】
第868回 九州王者の背番号1・西雄大(筑陽学園)を成長させた九州大会の激闘 【2019年インタビュー】
筑陽学園vs桐蔭学園【2018年 第49回明治神宮野球大会】
桐蔭学園 【高校別データ】
平塚学園 【高校別データ】
秋季神奈川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る