2010年05月02日 横浜スタジアム

桐光学園vs横浜創学館

2010年春季神奈川県大会 決勝

一覧へ戻る

石川、値千金のスリーランHR(桐光学園)

桐光学園3ラン逆転で、9年ぶり3度目の春の県優勝

 今春の神奈川県大会は、横浜東海大相模桐蔭学園慶応義塾の3強とも4強ともいわれている顔ぶれが1校もなかった。
さらには、昨夏甲子園初出場を果たした横浜隼人も姿を消しているという混戦となった。そんな中で勝ち上がってきたのは、近年夏3回、春2回の甲子園出場を果たしている桐光学園横浜創学館 という、昨夏ともに準決勝で苦杯をなめた両校だった。

 既に、関東大会出場を決めているということもあって、両チームの先発はエースナンバーをつけた投手ではなかった。桐光学園は11番をつけた2年生の久保田、横浜創学館 は背番号7をつけた中嶋という両左腕だった。もちろんも展開によってはエース投入も考えられるところである。

 先制したのは桐光学園で3回、1死満塁から失策と押し出しで2点を挙げた。しかしその裏、 横浜創学館 も内野の安打と失策絡みで好機を広げ、一番井村の中前打で1点を返した。ミスが絡んでいたとはいえ、決勝戦らしい1点を争う展開となってきた。

 次の1点がどういう形でどちらにはいるかが注目だったが、5回に 横浜創学館 は2死から井村以下、伊賀、木村と3連打して同点。さらに、四番長尾の強打も失策を導いて逆転した。そして、 横浜創学館 は6回からは当初の予定通り、エースナンバーの五木田を投入した。

 しかし、さすがに桐光学園もしぶとい。先頭の篠崎は初球から積極的に振っていって左前打。先回の失策から気持ちを切り替えての一打だった。バントで進め、2死二塁からもっともシュアな一番藤島が中前打して同点。二番高橋がつなぐと、三番石川は低めのスライダーをすくい上げるようにして右翼スタンドへ3ラン。これで、流れは完全に桐光学園に傾いた。

 勢いづいた桐光学園は9回にも、その石川が死球で出ると、バントで送り内野ゴロで三塁まで進め、途中出場の上田のタイムリー中前打で加点した。野呂雅之監督は、石川の本塁打もさることながら死球で出塁して喜んだ気持を評価した。
「本塁打の次の打席で、オレがオレがというのではなく、フォア・ザ・チームに徹する気持があったことがよかったですよ。結果的にあれで追加点を奪えることになるわけですから」。

そしてさらに、「今日は優勝したのでほめてあげますけれども、ミスもありました。課題もいくつか見つかっています。このままでは夏に勝てるほど甘くはありません」と夏を見据えて引き締めていた。

 また、中盤逆転に成功して、エース五木田を投入しながら再逆転された 横浜創学館 の森田誠一監督は、「やっぱり本塁打は痛いですよね。ただ単に失点したというだけでなく、戦意を喪失させます。五木田は玉が中へ集まるとつかまりますから…」と、一発を悔やんだ。
しかし、関東大会出場に向けては、「この時期に、公式戦という形で緊張感のある試合を戦えることは大きいです。緊張した場面を経験することによって、夏勝ち上がっていくためには、投手も含めてどう戦っていくべきかということも試していかれると思います」と、気持を持ち直していた。

 今春は、保土ヶ谷球場がメンテナンス工事などで使用できず、横浜スタジアム使用となった。夏のシミュレーションとしてもそれぞれ意味は大きかったのではないだろうか。

(文・写真=手束仁)
(写真=高校野球情報.com編集部)




PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。