慶應義塾高、今度は技巧派左腕を攻略し、5年ぶりの関東大会出場を決める



ヒットを放つ福井 直睦(慶應義塾)

トーナメント表
神奈川大会の勝ち上がり

県大会出場一覧
神奈川県大会の出場全81校

大会の詳細・応援メッセージ
令和4年度 神奈川県高等学校野球秋季大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
神奈川TOPページ

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

<神奈川県高校野球秋季県大会:慶應義塾7-6日大藤沢>◇25日◇準決勝◇サーティーフォー保土ヶ谷

 慶應義塾高vs日大藤沢の一戦。

 慶應義塾は3回表、5番・福井 直睦外野手(2年)の3ランで先制すると、5回表には2死一、三塁から6番延末 藍太内野手(2年)の左中間を破る適時二塁打で2者が生還し、5対0とリードする。

 だが、6回裏、日大藤沢はスラッガーの杉山 大和外野手(2年)の左越え適時二塁打で1点を返し、7回裏にもスクイズから1点を返し、2対5と3点差に迫る。しかし、慶應義塾は8回表に、1番丸田の適時打とエラーが絡んで7対2と突き放す。

 慶應義塾打線が炸裂した。日大藤沢の左腕・佐藤快司投手(2年)は準々決勝の相洋を完封した技巧派左腕。初回から走者を出し、じわじわと追い詰め、甘い球を逃さず、着実に打ち崩した。

 投げては東海大相模相手にも好投を見せた小宅 雅己投手(1年)が好投した。しなやかなフォームから繰り出す常時130キロ〜137キロの直球を内外角だけではなく、高めも使いながら空振り三振を狙う投球。切れのあるスライダーを交え、7回を2失点に抑えた。

 リリーフとしてマウンドに上がった松井 喜一投手(2年)は8回裏に3ランを打たれ、9回裏にも1点を取られ、1点差に迫られたが、逃げ切りに成功し、関東大会出場を決めた。

 打線はかなり仕上がっており、対戦相手のレベルが一気に上がる4回戦以降では1本ずつホームランが出ている。この打線の破壊力は関東大会でも強みとなるだろう。そして2016年の秋季大会以来となる県大会優勝はなるか注目だ。

(取材=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。