桐蔭学園が4強入り ボーイズ日本代表、ライオンズジュニアの逸材の活躍光る



桐蔭学園1番・相澤白虎

<春季神奈川県大会:桐蔭学園9ー5東海大相模>◇準々決勝◇23日◇保土ヶ谷

 神奈川を代表する名門校である桐蔭学園東海大相模の一戦は、桐蔭学園に軍配が上がった。

 東海大相模の先発はエース・求 航太郎だったが、桐蔭学園は4回に打者10人の猛攻で6得点。大型右腕を攻略したことが試合の分け目となったが、なかでも3番・小林 啓剛外野手(3年)は特に相性が良かった。

 2安打3打点という結果だったが、3回の2打席目はアウトにこそなったが、完ぺきに捉えたレフトライナー。続く4回の3打席目はレフト線へのタイムリーとプルヒッターぶりを発揮する内容だった。上体を高くして脱力させた突っ立ち気味の構えから、ヘッドを投手方向に傾けながら軸足に重心を乗せて球を呼び込む。そこから思い切りよく腰を鋭く回転させてスイングをしていく。

 迷いなく振り抜くだけではなく押し込みもしっかりしているので、多少詰まっても外野まで運べるパワーがある。小学生の時は埼玉西武ライオンズジュニアに選出された実力の持ち主だが、それも納得できるバッティング技術だった。

 この試合は不調気味だったとのこともあり「逆に開き直って打ちに行こう」と意識を切り替えて思い切りよく振って後続につなごうとしたことが功を奏した。

 そしてもう1人、主将を務める1番・遊撃手の相澤 白虎内野手(3年)だ。

 1安打2四球という結果で、1番打者として後ろにつなぐ役割を十分に果たした。U-12、西武ライオンズジュニア、ボーイズ日本代表。そして名門・桐蔭学園の主将というエリート街道をひた走る。

 桐蔭学園の遊撃手で主将というと、フルスイングが光るDeNAにいる森敬斗内野手を連想するが、片桐監督も「刺激を受けていて、意識はしていると思うが、タイプは違います」と話している通り、相澤はアベレージヒッターの印象を受けた。

 どっしりとした構えから軸足に重心を乗せて、軸回転でバットを振り抜く。非常に滑らかな出だしからレベルスイングでバットを振りに行けるので、ボールを捉えられる幅が広く見える。打率を残せる打撃技術を持っているといっていいだろう。

 「打線の核です」と片桐監督が信頼する相澤だが、準決勝以降も火付け役となれるか注目だ。