横浜商大のエース・浜田大翔の安定感は絶大!1失点完投勝利で4強入りへ



好投を見せる濱田大翔(横浜商大高)

 神奈川大会準々決勝では、横浜商大高が投打で磐石な野球を発揮した。
 2回裏、6番塩沼 充の三塁打からチャンスを作り、無死満塁から1番・安藤が走者一掃の適時三塁打を放ち、3点を先制。なおも2番・間瀬 智基のスクイズ、5番・木下 騰吾がレフトへ適時二塁打を放ち、5点目を入れ、試合の主導権を握った。

 その後、両チームの投手陣がなかなか点を奪うことができない。慌ただしい試合展開だった序盤とは対照的に守り合いの試合となった。

 その中で素晴らしかったのは横浜商大高のエース・濱田 大翔の投球だ。10安打を打たれるも、粘り強い投球で藤沢翔陵打線を抑えていく。濱田は体重移動が優れた投球フォームから繰り出す130キロ前半の速球は伸びがあり、次々と詰まらせる。また、走者を背負った場面でも投げ急ぎをすることなく、淡々と試合を作ることができたのが良かった。

 八木澤監督は「この試合については3失策。さらに、3回以降、点を挙げられない試合展開でしたが、よく粘って投げてくれました」とエースの好投を称えた。

 濱田は「大和スタジアムのマウンドはいつも投げている球場よりも硬かったのですが、自分は硬いマウンドのほうが投げやすいので、今日はいつもよりストレートが走っていました」と振り返るように、強気のストレート勝負で打者を抑えることができた。

 6安打、101球、1失点完投勝利と実にリズムの良い投球ができていた。これでベスト4進出を決めた。上位打線を中心に打線の破壊力があり、なおかつエース・濱田の安定感もあった。

 敗れた藤沢翔陵は1番ショートの水野 朝陽が2安打をマークし、存在感を示した。バットスイングが速く、なおかつコンタクト力も高い。遊撃守備も安定しており、攻守でバランスが取れた逸材だ。水野は今大会を振り返って、「あまり打撃は得意ではなかったのですが、1番を任せてもらうことで自信がついて、打撃も良くなってきました。自分は守備のほうが得意なので、そちらでもアピールをしていきたいです」と来春へ向けての意気込みを語った。

 10安打を放っており、打撃力はそのものは悪くない。投手力も実力が高い横浜商大高に3回以降無失点に抑えており、収穫はあった。再び強豪校と対戦する時、どんな試合運びを見せていくのか、注目をしていきたい。

(記事=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。