この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

4スクイズを絡め、日大高が日大藤沢に7回コールド!バント攻めをなぜ徹底できるのか?



スクイズを試みる大竹(日大高)

 日大高vs日大藤沢の日大ダービーは慌ただしい試合展開となった。
 1回裏、日大高は一死一、三塁から野選の間に1点を先制。さらに5番大竹 駿涼のスクイズで1点を追加し、さらに7番・荒井 翔瑛の適時打で3点を先制する。

 2回表、日大藤沢は8番・坂田 直輝の1点を返すものの、3回裏、日大高はバッテリーミスで1点を追加し、4対1としたが、4回表、日大藤沢は7番中里の適時打で4対2。ここまでは接戦だった。

 4回裏、日大高は一気に打線がつながり、野選や、3つのスクイズが絡んで一挙4点。さらに5回裏にはバッテリーミスで1点を追加し、9対2とした。

 日大高は3回から登板した増島 漣が無失点に抑える好リリーフを見せ、7回コールド勝ちでベスト8進出を決めた。

 この試合、4つのスクイズをあわせ、合計8犠打。現在はバントをせず、強攻をするチームもあるが、ここまで徹底とした犠打ができるチームはなかなかない。

 日大高の伊藤監督によると、犠打での攻めは例年通りだが、今年の選手たちは犠打の成功率が特に高い世代なため、積極的に仕掛けることができる。また主将・小林 晴天はこう語る。
「3年生達は打てる選手たちが多かったのですが、それでも得点に結びつかなかった。僕たちは先輩より打てる打線でもなく、打者もいないので、犠打を磨くことになりました」

 現在は緊急事態宣言の影響で練習時間は2時間ほどで終わってしまうが、打撃練習の大半を犠打の時間を設け、バントシフトもそこで磨くという。

 強打志向でも、小技志向でも選手たちが腹に中に落とし込んで徹底できるならば、ありだといえる。今年の日大高は自分たちの実力を把握した上で戦略を徹底できる。賢いチームだ。次は東海大相模。どこまで食い下がることができるか。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています