この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

横浜隼人の好捕手・前嶋藍の守備力、視野の広さは超高校級!エース・西川の抜群のコンビネーションで完封勝ち



3番キャッチャー・前嶋藍(横浜隼人)

 横浜隼人vs藤沢清流との4回戦は3回裏、横浜隼人は2番・上本 蓮夢(かみもと・れん)の適時打で1点を先制。なかなか追加点を挙げられない状況が続いたが、8回裏、スクイズと2番上本、3番前嶋 藍(まえじま・らん)の適時打で4対0と広げ、横浜隼人のエース・西川 雄大(ゆうた)は3安打完封勝利でベスト8進出を決めた。

 昨年から話題となっていた横浜隼人の好捕手・前嶋 藍(まえじま・らん)の魅力が存分に伝わった試合だった。

 捕手は「第2の監督」と呼ばれるように、勝敗を握る重要なポジション。前嶋はそのことを自覚してプレーができている。1球ごとにポジショニングの指示を内野手、外野手に送る。その指示は実に的確だ。前嶋は相手打者のスイングの動き、踏み込み方を見ながら、どこへ打球が飛ぶかを予測して、指示を送っている。これは常に相手打者の動きを見ながら、打球方向、飛距離を自分の頭の中にデータとして蓄積していなければできないことだ。経験を血肉にできる頭脳の良さがあることだ。

 スローイングタイムは2.00秒前後とタイムは突出したものではないが、捕球してからステップするまでの動きが実にスムーズ。さらにコントロールも安定していて、ほぼセカンドベースに入った二塁手、遊撃手のグラブに一直線に届くコントロールの良さがある。4回表には無死二塁のピンチからリードが大きい走者を逃さず、鋭い牽制球でピンチを阻止したワンプレーもあった。このプレーについて水谷監督は「とても大きいプレーで、普段から練習をしているプレーをしてくれました」と前嶋のプレーを称賛した。

 前嶋は「二塁牽制はずっと練習をしていることでした。この場面については1球牽制を入れて、2番打者がバントをしていたので、リードが大きくなると思っていました。その通りだったので、勝負をかけました」と送球はあっという間に二塁へ。見事に相手の隙を逃さなかった送球だった。

 キャッチングも安定していて、すぐに投げ返して、テンポの良い投球ができている。視野の広さもあり、文句のない好捕手なのだが、背番号1の西川 雄大(ゆうた)も好投手であることだ。

 西川はこれまで140キロ超えの投手が多かった近年の横浜隼人のエースのように、速球派の投手ではない。ただコントロールの良さ、メンタルの安定感が一級品。前嶋との相性がバッチリな投手だ。

 投球動作の一連の流れがスムーズで、山岡 泰輔や、前田 健太のように左足の膝を引き上げつつ、テークバックを大きく取って投げ込む投手だ。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています