桐光学園・針谷が工夫をこらした粘投で慶応義塾破る



針谷隼和(桐光学園)

◆強豪同士が激突

 神奈川を代表する強豪である桐光学園慶應義塾。大会終盤で対戦してもおかしくない顔合わせが3回戦で実現。注目度も高まる一戦で、期待が集まったのは桐光学園針谷 隼和だ。

 旧チームよりチームを支える主力投手として活躍し、今年からは満を持してエースになっている。昨年を知る経験者としてどれだけの投球を見せるのか。チームの勝利にも関わる大事なキーマンとしても注目された。

 慶應義塾は夏の大会でベスト4進出を見せ、今大会も初戦は10対1で勝利しており、実力は健在だ。好投手・針谷をどのように打ち崩すのか。

 神奈川の上位校同士の意地とプライドをぶつける試合は、終盤までわからない展開となる。

◆点数の奪い合いは桐光学園に軍配

 針谷は立ち上がり、慶應義塾の2番・横地 広太と3番・宮原 慶太郎のヒットで得点圏にランナーを背負う苦しい展開に。後続のバッターを抑えるものの、6点リードをもらった2回もヒット2本を許して失点するなど、なかなかリズムに乗っていけない。

 しかし、4回は慶應義塾6番・八木 陽を抑えるなど三者凡退に斬ったころからボールの制球力や質が高まり始めると、5回に一挙5失点したものの、後半からは慶應義塾のスコアボードに0を並べ始める。

 エースの踏ん張りでリズムができ始めた桐光学園は、6回は相手のミス。7回はダブルスチールと後半に入って着実に点数を重ねる。

 そして10対6で迎えた8回に、一死満塁から1番・篁 哲郎のレフトへのタイムリーでランナーが全員生還して13対6。これでコールドが成立し、桐光学園慶應義塾に8回コールドという形で夏のリベンジを果たした。