強豪校対決はまさかの試合展開に。集中打で横浜創学館が日大藤沢に6回コールド勝ち!



山岸 翠(横浜創学館)

 神奈川準々決勝・横浜創学館vs日大藤沢の一戦。横浜創学館は最速149キロ右腕・山岸 翠(あきら・3年)、日大藤沢は大型外野手・柳澤 大空(おおぞら・3年)とドラフト候補同士の対決。前半、中盤で大きく試合展開が変わった試合だった。

 まず先制したのは横浜創学館。1番・倉谷 快誓(3年)の右中間を破る三塁打、3番・岡本 翼の適時打で1点を奪った。2回表、日大藤沢は一死二、三塁から内野ゴロと敵失の間に勝ち越し。2回裏、横浜創学館は一死二、三塁から内野ゴロの間に同点に追いつく。

 4回表、日大藤沢は一死三塁から内野ゴロの間に勝ち越したが、横浜創学館は4回裏、6番山岸の安打から始まり、一死二、三塁のチャンスから1番倉谷の2点適時打で逆転に成功する。倉谷はミートセンスが高く、さらにセンターの守備を見ても守備範囲が広く、攻守ともにバランスが取れた選手だ。能力が高い選手が大事な一戦で力を発揮した。

 5回終わって、4対3と横浜創学館がリード。強豪校同士の対決らしい素晴らしい接戦だ。しかし6回裏、横浜創学館打線が爆発した。無死一、二塁から9番森陽生の適時打で1点を追加し、さらに満塁のチャンスから2番・光岡 幸生は走者一掃の適時三塁打で8対3と突き放す。3番岡本の適時二塁打で9対3。さらに痛い失策もあり、11対3。最後はここまで大当たりの1番倉谷が満塁から左翼線を破る適時打で二者生還。横浜創学館は6回裏に9点を入れ、13対3の5回コールド勝ちで、勝利を決めた。

 横浜創学館・森田監督は「勢いがあるうちに一気に畳み掛けたかった」と話すように、勝負所で打線が爆発したのは非常に大きい。苦戦した相模原弥栄戦よりも打線の状態は良く、力投のエース・山岸の球数を75球で抑えることができたのは大きい。

 山岸は5回戦では投げなかったカットボールを使用した。
 「強打者が多いので、スライダーよりも速く小さく曲がるカットで抑えようと考えました」
と120キロ前半のスライダー、130キロ前後のカットボール、130キロ前後のシンカーを効果的に使い分けた。連投もあり、最速は143キロにとどまったが、場数を踏んでいるだけ合って走者を出してからの粘り強さはさすがで、注目の柳澤は、2三振を奪う快投を見せた。第1打席はスライダーで空振り三振、第2打席は外角を見せた後に内角ストレートで三振。第3打席はスライダーを合わせられ、右前安打を打たれたが、体が泳いだ形で、勝負には勝った配球だった。

 準決勝では慶應義塾と対戦。
 主将は「目の前の一戦、一戦を大事に戦っていきます」と意気込んだ。準決勝でも投打ともにかみあった野球を見せることができるか。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。