センバツ王者・東海大相模、快勝にも「らしさ」を欠いた



先発・石田隼都(東海大相模)

 神奈川大会5回戦。センバツ優勝の東海大相模は強打の藤嶺藤沢と対戦した。マウンドに登ったのはエースの石田 隼都だ。この日も高速テンポで着々と投球を組み立てる。

 ストレートは常時135キロ〜138キロ程度。リリーフと比べるとややキャパを抑えた投球。石田はタイミングが合わせ難いフォームで、かつ直球と同じ腕の振りで120キロ前半のスライダー、チェンジアップが決まるので、相当打ち難い。3回表には強度を上げて、143キロを計測。全力を出した時のストレートはやはり見応えがある。

 一方、打線は1回裏、無死一、三塁から併殺の間に1点を先制。2回裏には一死二、三塁から8番佐藤 優真(3年)がライトへ適時三塁打を放ち、2点を追加。さらに3番門馬 疾(3年)の適時打で計4点を追加し、5対0とリード。3回裏には8番打者ながら、今大会2本塁打を放っている佐藤が第1打席に続き、レフトスタンドへ飛び込む本塁打で6対0とリードを広げる。佐藤は「甘く入った変化球をしっかりと打ち返すことができました」と振り返る。ここまでは順調に見えた。

 4回以降、無得点が続いた。走者を出しても決定打が出ないまま、9回を迎え、2番手の石川 永稀が3回無失点の好投を見せ、完封勝利を決めた。

 完封勝利で快勝したかに見えるが、門馬監督は「相模らしい野球ができなかった。悔しい試合です」と淡々と振り返った。1点を取る大事さ、1点の重みというのを過去の公式戦で実感し、そして練習を積み重ねてきた、4回以降は、淡白な野球になってしまったのが残念だった。

 また石田は6回を投げて7奪三振、無失点と見れば好投しているように見えるが、4四死球、119球とかなり球数が多い。特に3回から4イニング連続で20球以上を投じ、いつもの球数少なく、テンポ良く抑える石田ではなかった。ボールが高めに浮いたり、粘られたりと、圧倒する投球ができない。らしさを欠いた。石田は「30点〜40点の内容です」と振り返る。門馬監督も「まだ打者に向かっていく姿勢が足りない」とエースに厳しい注文をつけた。

 春までの課題だった外野手の打撃向上は恐怖の8番・佐藤によって埋められている。ただ、最後まで1点をもぎとって相手にじわりじわりとダメージを与える東海大相模の野球ではなかった。

 夏は何が起こるか分からない。神奈川では桐光学園が敗れ、全国では甲子園常連校が相次いでいる。だからこそ東海大相模ナインはこの試合で出た反省を活かし、準々決勝以降で戦い方に変化があるのか、注目だ。

(文=河嶋 宗一

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。