日大藤沢・2番手服部の好投が逆転勝ち呼び込む



日大藤沢・服部 宏介

 18日、保土谷球場では今春の県大会でベスト4に入った日大藤沢が、実力校・平塚学園の挑戦を受ける形になった。今春の県大会では攻撃力の高さが光った日大藤沢打線と、守備力が光る平塚学園と対照的なチーム同士の一戦は初回から激しく動く。

 互いに初回に1点ずつを奪い合って迎えた3回、平塚学園が9番・美登 祐介のヒットから無死満塁を作る。ここで3番・磯田 大輔の右中間への三塁打などで一挙5得点で6対1とした。これで平塚学園ペースになるかと思われたが、日大藤沢も4回に5番・遠藤 優太のタイムリーなどで3点を追加すると、5回には7番・鎌田 隆之介の三塁打などで8対6と勝ち越しに成功した。

 さらに6回には5番・遠藤のタイムリーでもう1点を追加して9対6と日大藤沢が徐々にペースをつかんでいく。最後はダメ押しで8回に日大藤沢が3番・提坂 朋和のタイムリーで10対6と試合を決定づけた。

 最終回、日大藤沢は2番手・服部 宏介平塚学園を三者凡退に抑え、4回戦進出を決めた。