平塚学園が頼れる「女房役」にけん引されて快勝



平塚学園キャッチャー・安達斗希

 春に東海大相模と接戦を演じたことで、平塚学園の存在感はさらに際立った。その平塚学園は初戦で横浜氷取沢と15日に平塚球場で対戦した。

 互いに1点ずつを初回に奪い合って迎えた3回、平塚学園は4番・村田 璃紀のタイムリーで勝ち越すと、5回には5番・安達 斗希のレフト前で3対1と平塚学園がリードして折り返した。

 6回にも1点を追加した平塚学園だが、横浜氷取沢もその裏、5番・栁沢 蒼士と6番・赤井 佑樹の連打でチャンスを作る。ここで7番・石田 遥弥のセンター前で4対2と平塚学園に食らいつく。

 突き放したい平塚学園は、8回に7番・佐々木 太陽のヒットなどで一死二、三塁とチャンスを作る。ここで9番・美登 祐介と1番・阿部 和広の連続タイムリーなどで9対2と、ここまで力投してきた横浜氷取沢・吉村 丈瑠を捉えることに成功した。

 この試合で目に留まったのが、平塚学園のキャッチャー・安達だ。二塁送球は手動での計測で1.79秒をマークした。遠投114メートルを誇る強肩を活かしつつ、甲斐 拓也楊志館出身)を参考にしているというステップで、捕ってから素早い送球を見せる。またフットワークも軽く、自らの前に転がったバントを素早く処理して二塁へ送球してアウトを記録した。一塁駆け抜けは4.1秒とまずまず俊足を持っていることもあり、バント処理が素早いのも頷ける。

 また試合中の仕草を見ていると、ピッチャーを含めて野手全体への指示出しの細かさも、捕手として素晴らしかった。他の選手も「日常生活から冷静な人で、しっかりと全体が周りを見れる選手です」と話しており、根っこから捕手向きの人間であることが伺える。