2020年09月27日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模vs鎌倉学園

2020年秋の大会 神奈川県秋季大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

13安打で主導権を渡さなかった東海大相模が史上初の5季連続県大会制覇達成!

 26日の試合で関東大会出場を決めた東海大相模鎌倉学園による神奈川王者を決める一戦。初回は互いに0点で終わったが、2回に東海大相模が試合を動かす。

 先頭の6番・小平直道が内野安打で出塁すると、続く7番・仙庭 涼一郎鎌倉学園先発・増島佳祐から左中間へ三塁打を放ち、東海大相模が1点を先制。さらに二死から相手にミスでもう1点を追加。2対0と東海大相模が先制に成功する。

 続く3回には一死二、三塁から6番・小平のセンターへの犠牲フライで3対0とした東海大相模。リードをもらった先発・大森 幹大は3回に初ヒットを許すものの、安定した投球で鎌倉学園打線を翻弄する。

 5回には5番・加藤勇哉の二塁打などで5対0。7回には4番・柴田 疾が2番手・平本 龍太郎からホームランを放ち6対0とした東海大相模。7回に鎌倉学園3番・森高裕一郎、4番・小山春の連続タイムリーを許し2点を失ったが、8回にダメ押しとなる追加点を奪い勝負あり。

 最後は東海大相模3番手・向川 夏輝が鎌倉学園の攻撃を抑えてゲームセット。8対2で鎌倉学園を下した東海大相模が、史上初となる5季連続で県大会を制した。

(文=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
山村崇嘉(東海大相模)が埼玉西武の仮契約!偶数年のドラフト3位の黄金パターンにハマるか? 【ニュース - 高校野球関連】
明石商・中森俊介、東海大相模・西川僚祐など将来性抜群!千葉ロッテの高卒選手たち【ドラフト総括】 【ニュース - 高校野球関連】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
専大松戸vs鎌倉学園【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
鎌倉学園vs桐蔭学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
鎌倉学園 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る