鎌倉学園が5回コールドの圧勝で決勝進進出!

 決勝進出をかけた秋季神奈川県大会準決勝、鎌倉学園桐蔭学園の一戦は、鎌倉学園が打線のつながりを見せ10対0の快勝で決勝進出を決めた。

 鎌倉学園は初回、二死一、二塁の場面で5番・齋藤 正知が左越2点適時二塁打を放ち先制。2回には2番・宮尾 一冴、3番・森高 裕一郎、4番・小山 春の連続適時打で4点を奪いさを広げる。その後も得点を積み重ね、計6本の適時打で10点を奪い5回コールドの10対0で試合を決めた。

 投げては鎌倉学園先発の増島 佳祐が5回を被安打2の無失点と好投。決勝戦に大きな弾みをつけた。

(文=編集部)