東海大相模が終盤に逆転し4季連続で神奈川の頂点に!「縦縞のプライド」見せつける!

 全国屈指の激戦区神奈川の決勝戦としてふさわしく、両校の思いがぶつかり合った好ゲームだった。

 1日から開幕した神奈川独自大会は23日、ついに決勝戦を迎える。

 決勝を戦うのは、5回戦まではコールド勝ちと盤石な戦いぶりで勝ち進んできた3季連続で県王者に君臨する優勝候補筆頭の東海大相模と、昨秋準決勝で東海大相模に12対1で惨敗しリベンジに燃える近年の実力校・相洋

 東海大相模の先発は背番号19の諸隈 惟大相洋の先発は背番号7の吉川 宗吾で両校左腕の先発で試合がスタートした。

 先制したのは相洋。2回、一死二、三塁の場面で8番・二宮 巧磨がフルカウントから適時内野安打を放ち3季連続県王者の東海大相模から2点を奪取。

 反撃したい東海大相模は4回、6番・神里 陸の右越えへ2ランで同点に追いつくも、相洋先発の吉川は後続を断ち、逆転は許さない。

 5回、東海大相模は2年生右腕・金城 龍輝へ継投。この回相洋は、ー死一、二塁の場面で5番國井 勇斗が二ゴロも悪送球の間に二塁走者﨑元 涼介の好走で本塁生還。相洋が再びリードを奪う。

 そして相洋は7回、ここまで無安打の主将で3番の加藤 陸久が高めに浮いたボールを捉えた打球は左翼スタンド中段へ突き刺さる2ラン本塁打となり、終盤で優勝を大きく手繰り寄せる追加点を挙げる。

 苦しい展開に追いやられた東海大相模だったが、ここから王者の底力を発揮する。3点ビハインドで迎え8回、二死満塁の好機に5番・西川 僚祐、6番・神里の連続適時打で一挙4得点を奪い逆転に成功。9回にも二死満塁から4番・加藤 響が走者一掃の適時二塁打を放ちダメ押しとなる3点を追加した。

 その裏からマウンドに上がった東海大相模の背番号1を背負う石田 隼都は、2回を投げ打者7人に対し5つの三振を奪う快投で反撃を狙う相洋に対し一切付け入る隙を与えなかった。

 石田は最後の打者も三振に打ち取りゲームセット。東海大相模が昨春から続く県内連勝記録を28に更新し、4季連続で神奈川の頂点に立った。

 試合後、優勝監督インタビューで東海大相模の門馬敬治監督は、「今大会は『縦縞のプライド』をテーマに臨みました」と語った。この試合での終盤での逆転劇と最終回のダメ押しは、まさに「縦縞のプライド」を胸に秘めた東海大相模ナインの執念を感じさせられた。

(文=編集部)