エース・安達が功リリーフ!桐光学園が堅実な戦いでベスト8進出


 ここまで無失点で勝ち上がってきた横浜商は4回、連打と四球で無死満塁のピンチを迎えると桐光学園の7番・山口龍一の犠牲フライでこの夏初失点を喫する。

 先制した桐光学園は4回、ここまで好投を続けていた坂東俊太から安達 壮汰にスイッチ。安達は1死2,3塁のピンチを三振と中飛で切り抜け横浜商に得点を許さない。

 ピンチの裏にチャンスあり。5回、桐光学園が1アウト後2番・森田 翔が2塁打で出塁すると4番の仲亀利哉がセンターへタイムリーを放ち追加点を挙げる。

 2点をもらった桐光学園のエース・安達は5回以降、被安打1の好投を見せ相手打線をシャットアウト。9回にも追加点を挙げた桐光学園が3対0で横浜商を下した。

(文=編集部)