2020年08月01日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

横浜桜陽vs横浜旭陵・相模向陽館

2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

終盤の集中打で横浜桜陽が投手戦を制す


 サーティーフォー保土ヶ谷球場の第2試合、横浜桜陽横浜旭陵相模向陽館の試合は、横浜桜陽の佐藤秀太、横浜旭陵相模向陽館の鮫島大弥による投げ合いで始まった。

 主将も務める佐藤秀は、ノーワインドアップから小さいテイクバックを取り、ややインステップ気味で小さ目のステップ幅で踏み込み、力強い腕の振りで投げ込む本格派右腕だ。気迫を全面に出す投球で、安打を浴びながらも要所を締めるピッチングを展開。

 一方の鮫島は、セットポジションから背中を反るようにして左足を上げ、右手でグラブをポンと叩きながらテイクバックを取り、コンパクトな腕の振りで投げ込む右腕。ガッシリとした体格から繰り出す力強い速球が魅力的だ。

 両投手とも走者を出しながらも要所を締める投球を展開し、試合は両軍無得点のまま終盤へ。試合が動いたのは8回裏、横浜桜陽が二死から4番・佐藤秀太のツーベース、5番・皆川丈のヒットで一、三塁のチャンスを作る。ここで6番の佐藤 大輝が高めの速球をライト前へはじき返し、横浜桜陽が1点を先制。さらに送球エラーの間に一塁走者も生還し、2点目を挙げた。

 この2点を、先制のホームを踏んだ佐藤秀が守り抜き完封勝利。接戦をモノにした横浜桜陽が2回戦進出を決めた。

(文=林 龍也)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【神奈川】横浜商、金沢らがコールド勝利!4試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
【選手権神奈川大会】186校の夏、開幕!百合ケ丘が開幕ゲームを制す!7月11日の結果 【ニュース - 高校野球関連】
第150回 【第97回神奈川大会展望】ノーシードからも強豪続々登場!熾烈を極める神奈川大会!【大会展望・総括コラム】
相模向陽館 【高校別データ】
相模向陽館・横浜旭陵 【高校別データ】
横浜旭陵 【高校別データ】
令和2年度神奈川高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る