2019年08月17日 横浜高校グラウンド

鶴見vs横浜南陵

2019年秋季神奈川県大会 地区予選 ブロック予選
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

経験者が多く残る横浜 神奈川大附を5回コールドで下して上々の滑り出し

 秋季神奈川県大会地区予選は17日、鶴見横浜南陵が激突した。秋の経験は春以降に大きな差となるため、互いに少しでも長く試合を続けたい。そんな中でこの試合は非常に引き締まった投手戦となった。

 鶴見の先発は背番号8を背負う伊藤羽翼。コンパクトなテークバックから投げ込む直球は、決して驚くようなボールではないが、低めやコーナーに丁寧に投げ込むことで横浜南陵打線を手玉に取っていく。

 対する横浜南陵の先発は背番号1の青山直輝。インステップするフォームが特徴的であるが、投げ込むボールには非常に切れがあり、思わず目を引かれるものがある。またスライダーも斜めに割れるような変化をし、十分に空振りが奪えるボールだ。
 両投手の投げ合いにより、試合は4回まで0対0と互いに譲らない展開となった。

 だが後半戦を前にした5回、試合はようやく動いた。
 鶴見は二死二、三塁のチャンスを作ると、飛び出した三塁ランナーをキャッチャーが刺殺を試みるが、この送球が逸れてランナーがホームへ生還。さらに二死三塁とチャンスは続き、ここで4番の大谷渉太がセンター前へタイムリーヒットを放って追加点を挙げる。
 この回に2点を挙げ、これで試合の主導権は横浜南陵が握った。

 点差はたった2点で、横浜南陵にも逆転のチャンスは十分に残されているように思えるが、それでも伊藤の快調なピッチングで横浜南陵打線は凡打の山を築き、次第に焦りの色が見え始める。8回裏には吉住のタイムリーで1点を返すが、後続が打ち取られて挙げたのはこの1点のみ。
 結局試合は2対1で鶴見が勝利し、ブロック予選の初戦を勝利で飾った。

 横浜南陵は敗れはしたが、エースの青山ピッチングは見事な投球であった。まだまだ課題も多いが、それでもそれ以上に魅力も多くのも事実。これから体力と技術をより磨き、来年には神奈川の注目選手と言われるまでになって欲しい。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
橘vs鶴見大附【神奈川県 2019年夏の大会 第101回選手権記念 神奈川大会】
横浜商vs鶴見大附【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
【神奈川】秋季神奈川県大会!俣野公園野球場で行われた2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
日大高vs横浜南陵【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦区!【神奈川展望】 【ニュース - コラム】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
横浜南陵vs新栄【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県大会 地区予選】
鶴見vs金井【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県大会 地区予選】
鶴見 【高校別データ】
横浜南陵 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る