2019年08月18日 横浜商業高校グラウンド

金沢総合vs横浜翠陵

2019年秋季神奈川県大会 地区予選 ブロック予選
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中山-松崎バッテリーからリズムを作り、序盤から打線が爆発!



2打席連続本塁打を放ち、ダイヤモンドを回る笹川吉康(横浜商業)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 横浜翠陵金沢総合。互いに1敗ずつしており、県大会出場への望みを繋ぐためにも両校負けられない意地のぶつかりあい。しかし結果は思わぬものとなった。

 後攻の金沢総合は1番・吉田健人からの4連打で2点を先取。さらに2回には5連打を集めるなど打者10人の攻撃で6得点と試合を決定づける。

 金沢総合の先発は背番号9の中山恕。足を内側にひねりながら上げていき、両腕も内旋させながら重心移動。ボールをできるだけバッターの近くでリリースさせようと、前の方でボールをひっかくよう投げている。しかし決して力で行くのではなく、丁寧に投げている印象だった。そこに変化球を上手く混ぜながら的を絞らせず、緩急をつけた投球で初回を3人で抑えるとテンポよく3回までヒットを許さず横浜翠陵が抑えた。

 4回に横浜翠陵の小川大地に初ヒットを許すも中山はランナーを背負ってからも落ち着いたピッチング。横浜翠陵のホームを踏ませない。すると攻撃陣は4回に押し出し、5回に7番・田辺一志の出塁から1番・吉田のタイムリーで10点差。5回コールドで金沢総合横浜翠陵を下した。

 ここで金沢総合のキャッチャー・松崎斗馬主将を取り上げたい。

 二塁送球は2.0秒前後とそこそこ。しかしベースを大きく外していないのは非常に大事なこと。いかに速くても、コントロールが悪いとセーフになる確率は上がる。だからこそ、キャッチャーのスローイングはコントロールがまず大事だとよく言われるのだろう。

 打球への反応も良く、身のこなしも軽い。そしてキャッチングも止めるべきところ、そして際どいコースをストライクに見せる、“フレーミング”も自然にできている。キャッチャーとしての魅力を見せる松崎主将がこの1年間でどんなプレーを見せてくれるのか、少し注目したい。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜商vs舞岡【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
横浜創学館、厚木北などが勝利!【春季神奈川県大会 地区予選結果】 【ニュース - 高校野球関連】
【神奈川】横浜が5回コールド発進!地区予選2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
瀬谷vs金沢総合【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会地区予選】
第585回 【神奈川展望】今年関東開催の神奈川!関東大会を目指した今大会は例年以上の激戦!【大会展望・総括コラム】
横浜商大高vs金沢総合【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県大会 地区予選】
湘南学院vs舞岡【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
桐蔭学園vs金沢総合【神奈川県 2017年春の大会 神奈川県春季大会】
第291回 【春季神奈川県大会】シード権を獲得するのはどのチーム?激戦の県大会の見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第150回 【第97回神奈川大会展望】ノーシードからも強豪続々登場!熾烈を極める神奈川大会!【大会展望・総括コラム】
金沢総合 【高校別データ】
横浜翠陵 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る