3番・笹川吉康の2打席連続本塁打で横浜商業が予選2連勝!



2打席連続本塁打を放ち、ダイヤモンドを回る笹川吉康(横浜商業)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 甲子園ではベスト4の椅子をかけた準々決勝が行われ、全国の高校野球ファンは夢中になっていることだろう。その一方で神奈川では県大会出場をかけた地区予選が始まっている。そして18日、横浜地区ではY校と言う名称と水色のユニフォームで有名な横浜商舞岡との予選を迎えた。

 その試合で目に留まったのは横浜商1番・及川博樹主将と3番・笹川 吉康の2人の野手。そして3番手・鈴木 健だ。

 まずリードオフマンの及川は5打数3安打2打点。さらにヒットで出塁した3回全て得点に結びつけた。そのフォームは足はあまり上げずにテイクバックもほとんど引かない。そして突っ込むこともほとんどないフォームから、ミートポイントまで最短で叩くシャープなスイング。強引に引っ張るようなところもなく、来たボールを素直に打ち返しており、打率を残せる1番打者らしいフォームとスイングという印象を受けた。

 そして3番・笹川は頭の上の高さでバットを構え、いかにもスラッガーという雰囲気を出ているバッター。まだ体の線は細いものの、トップから振り下ろすスイングのスピードはなかなか速く、バットが体に巻き付いているかのように見えるほど、豪快で大きなフォロースルーだった。

 その笹川は3、4打席目で連続本塁打を放つなど4打席全て出塁。中学時代を中本牧リトルシニアで過ごしていた実力は伊達ではないようだ。

 そして3番手で上がった鈴木は背番号10ながら、鋭く体を回転させ、角度をつけたストレートには迫力があり、切れもあった。登板したのは5回の1イニングのみだったが、インパクトが残り、今後も注目したいピッチャーだった。

 試合は互い点数を取り合い、流れがなかなかどっちにもいかない状況だったが、中盤に3番・笹川の本塁打などで突き放した横浜商の勝利。まだ秋の予選ということもあり、横浜商はガッチリした体格を持つ選手がいるものの、少し粗さがあり、思うように試合が進まなかった。選手を代えながら何とか主導権を握ったが、まだまだ課題が残る試合となった。新チームが始動してまだ1ヶ月、1つずつ課題を克服しチームを仕上げてもらいたい。

 一方、敗れた舞岡は先頭打者が出塁するものの、最後の1本を出すことが出来ず残塁を増やしてしまったのが痛い。これで予選は1勝1敗と、県大会出場に微妙なラインとなった。明後日の横浜翠陵戦に勝利して、何とか次への道を切り開きたい。

(記事=編集部)