2019年08月17日 横浜商大高校グラウンド

横浜平沼vs松陽

2019年秋季神奈川県大会 地区予選 ブロック予選
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

横浜平沼が終始流れを渡さず7回コールド!


 横浜商大高グラウンドにて行われた予選リーグ。
第二試合は、横浜平沼vs松陽との一戦は終始、横浜平沼が優位に運ぶ展開となった。

 横浜平沼の先発マウンドには、エース左腕の友野が上がった。
上背のある大型左腕。セットポジションから、右足を大きく上げる投球スタイルで勢いのあるストレートを投げ込んでいく。フォーム自体に変な癖は無いのだが、時折三塁側に身体が流れてしまうときが見受けられる。その際の投球は、高めに抜ける球も目立ち足腰の強さが備わればワンランク上に進化するだろう。変化球の割合が少なく、断定はしにくいのだがスライダー系のボールも問題ないと見ていい。

 4回までの登板となったが、被安打は内野安打の1本のみと完璧な投球内容。
リーグ戦なので、手の内を完全に見せているわけではないと思うが沈むボールを見られなかったのが心に残る。次戦以降に是非ともお目にかかりたい。

 その友野を援護する打線は、序盤の1、2回と猛威を振るう。

 先頭の1番・長谷川が四球で出塁すると、2番・青木の内野安打などでチャンスを作る。松陽の先発・小出が4、5番に連続押し出しが絡み3点を奪いいきなり援護する。

 2回裏にも猛攻を仕掛ける。
9番・阿部が四球で出塁し無死一塁とすると早くも1番・長谷川に打順が回る。ここで、長谷川がワンバウンドのボールを上手く拾う技ありの一打が飛び出しチャンス拡大。そして、2番・青木が放った打球はレフトの前に。完全にアウトのタイミングだったが三塁コーチャーは腕を回し本塁憤死。結果論だが、後続にヒットが飛び出す形となる。今後、上位チームとやる場合、一つのミスが命取り。新チーム最初の公式戦でミスが出たことが幸いだったと考え、練習でも走塁判断の上達を目指していければ効率よく点を重ねられていけるだろう。

 結果は、横浜平沼が6回裏に3点を追加し8対0で7回コールド勝ちで勝利した。

 横浜平沼がCグループ突破するには、エース左腕・友野の出来と打線の援護が必須となる。
一方、松陽は走者を出した時の一本が効果的に出るかどうかで勝機が見えてくるだろう。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿屋工、延長12回サヨナラ勝ち【選手権鹿児島大会・19日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
鹿屋工vs松陽【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
樟南vs国分【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
鶴丸vs鹿児島工【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
松陽vs喜界【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
神村学園に樟南、鹿児島城西など強豪校がこぞって1回戦突破!6試合を徹底レポート!【鹿児島大会・7日】 【ニュース - 高校野球関連】
松陽 vs 開陽・高等支援・加世田常潤・串木野【鹿児島県 2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会】
第47回 清宮幸太郎と万波中正の違いとは?超高校級プレーヤーを徹底比較!【夏の大会特集2016】
松陽 【高校別データ】
横浜平沼 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る