2019年10月05日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

東海大相模vs相洋

2019年秋の大会 神奈川県秋季大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「個」の力が際立った東海大相模 13安打12得点で関東大会切符を掴む



要所を締めて7回無失点の投球を見せた諸隈惟大(東海大相模)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 関東大会進出をかけた東海大相模相洋の一戦は、勝負の差を分けたのは間違いなく「個」の力の差であった。
 相洋の先発は背番号1の右腕・本田真也。130キロ前後の直球に、鋭く横に滑るスライダーを織り交ぜる好投手であったが、序盤から強打の東海大相模打線に流れを掴まれる。

 まずは初回、二死一塁から4番・西川 僚祐がセンター前ヒットを放ち、失策が絡んで東海大相模が先制点を挙げると、2回にも1番・鵜沼 魁斗のライト前へタイムリーヒットを放って追加点を挙げる。
 3回にも6番・茂谷 光のスクイズでさらに追加点を挙げた東海大相模は、着実に本田を追い詰めていき試合の主導権を握る。

 相洋打線も、何とか東海大相模の先発・諸隈 惟大から点を挙げたいところであったが、得点圏にランナーを進めても後1本が出ずにもどかしい攻撃が続く。

 結局、東海大相模は8回に一挙6得点の猛攻で試合を決定づけ、12対1の8回コールドで相洋を下して関東大会進出を決めた。
 相洋の先発・本田も粘り強く東海大相模打線と対峙したが、最後は自力の差が出る形となった。



本塁打を放った西川僚祐(東海大相模)

 結果だけを見れば、東海大相模が盤石の戦いで関東大会への出場権を掴んだように見えるが、不安要素もいくつか見える試合であった。

 まず最も気になったのは、Uー18日本代表に選出された鵜沼 魁斗のスイングにキレが感じられないことだ。夏場には対戦校の脅威となった鵜沼のバットだが、韓国遠征での疲れからか打撃に躍動感は無く、明きらかに不調の様子であった。
 この試合ではタイムリーも放ったが、これはライト前へのポテンヒットでタイミング自体は外されたものであった。鵜沼の復調は、選抜出場に直結すると言っても過言では無い。関東大会までに、何とか状態を上げていきたいところだ。

 また、先制のセンター前ヒット(得点は相手エラーによるもの)に、ダメ押しの本塁打を放った西川僚祐の状態も気になるところだ。
 甲子園で露呈したタイミングの取り方の不安、ドアスイングの傾向は現在も拭い去ることができず、粗さが気になる打撃フォームであった。この試合では打撃成績こそ残したが、今のままでは関東大会でトップレベルの投手と対戦したときに、再び課題が浮き彫りになるだろう。

 不調の選手をカバーし合える層の厚さも、東海大相模の強みであるが、鵜沼も西川も主力中の主力であるだけに、残りの期間で何とか調整していきたいところだ。

(文=栗崎 祐太朗)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【関東大会】東海大相模がコールド勝ちでベスト8!専大松戸、鎌倉学園、東海大甲府も8強へ<25日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」佐倉シニアの恩師が語る東海大相模・西川僚佑 【ニュース - コラム】
第149回 恩師が語る東海大相模・西川僚佑。「とにかく飛ばす力選手で、練習も真面目に取り組んでいた」【高校野球コラム】
第3回 【12球団ドラフト指名予想】独自路線を貫くDeNAの上位指名には高卒選手が必須?【プロ12球団ドラフト分析2020】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
星槎国際湘南vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第8回 メジャーリーグのトレーナーも経験。相洋で培った精神力、判断力、決断力が経営者としての自分を成長させる 株式会社ルートヴィガー深澤英之社長(相洋高校出身)【人生で大切なことは高校野球から教わった】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第1142回 目標は菊池雄星。東海大相模に進学の南琉人(湖東リトルシニア)が思い描く本格派への道【後編】 【2020年インタビュー】
第1142回 関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 【2020年インタビュー】
第1129回 高校通算40発の福岡屈指のスラッガー・久木田和志(小倉工) 後ろを振り返らず「日本一のスラッガー」へ 【2020年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
相洋 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る