2019年09月22日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

三浦学苑vs立花学園

2019年秋の大会 神奈川県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

三浦学苑・長谷川翔が勢いに乗る立花学園打線を翻弄!完封勝利でベスト4へ!



完封勝利の長谷川翔(三浦学苑)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 準々決勝第1試合は、立花学園vs三浦学苑の一戦。両校は30代の若手指揮官が指揮を執っていることに特徴がある。

 毎年上位争いに食い込む立花学園。かつて日体荏原(現・日体大荏原)で助監督を務めた志賀正啓監督が2017年春に就任してから、毎年、夏のシード権を獲得するチームへ成長。志賀監督が就任してからは、SNSを活用したチーム運営。またトラッキングシステムの1つである投球計測器・「ラプソード」を導入し、数値を用いながら、着実にチーム力をつけてきた。

 一方、三浦学苑日大藤沢出身の樫平剛監督のもとで、着実に力をつけて、この夏もベスト32入り。何度も大差で敗れてきた横浜にも1対3で善戦を演じ、強豪校に対抗する実力をつけてきた。この秋は母校・日大藤沢平塚学園を破るなど、55年ぶりのベスト8進出している。

 試合は1点を争う試合展開に。まず先制したのは三浦学苑。1回表、一死二塁から3番・本多草太の右横線を抜ける適時打で1点を先制。さらに4回表には9番・立川太一の適時打で2点目を入れる。9回表にも1点を追加した。

 投げてはエースの長谷川 翔が好投を見せた。長身から振り下ろす直球は常時120キロ後半~132キロを計測。スピードは平均的だが、胸を張って大きく振り下ろすフォームなので、角度のあるストレートを投げることができる。立花学園打線はこのストレートに対応ができず、差し込まれる当たりも多い。ストレートと同じ腕の振りから投げ込む120キロ近いスライダー、縦スライダー、100キロ前後のカーブを織り交ぜ、6回まで完全試合に抑える好投を見せた。

 長谷川は最後まで球威が衰えることなく、8回でも常時130キロ台を計測。緩急を交えたピッチングで立花学園打線を三塁も踏ませない5安打完封勝利で55年ぶりのベスト4進出を決めた。

 これまでにいるような突出した実力を持つタレントはいないが、攻守でまとまりもある。関東大会出場まであと1勝。桐光学園に勝利して、初の関東大会出場をつかむ。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜vs戸塚【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
Zoomを活用し、日々の自主練習などを報告し合う豊野の日々の生活に迫る! 【ニュース - コラム】
第111回 コロナで次々と進む高校野球のIT活用。愛知の新鋭・豊野はZoomで結束を深める【高校野球コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
桐光学園vs三浦学苑【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs横浜【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜商大高vs藤沢翔陵【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
横浜vs神奈川工【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第396回 平塚学園高等学校 高田孝一選手「復活の始まりとなるか?」 【2016年インタビュー】
第5回 第96回選手権神奈川大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
立花学園 【高校別データ】
三浦学苑 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る