2019年09月22日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

桐光学園vs横浜

2019年秋の大会 神奈川県秋季大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

安達壮汰(桐光学園)、木下幹也との全国レベルの好投手対決を制し、ベスト4へ



安達壮汰(桐光学園)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 桐光学園が3対0で横浜を破り、緊迫とした投手戦を制した。勝因はなんといってもエース・安達 壮汰の粘り強いピッチングに尽きる。前回の慶応義塾戦ではボール先行で大荒れなピッチングだった安達。桐光学園ファンに言わせればよく1失点に抑えたと思わせるピッチングだった。

 ただ今回の横浜戦は完封して当然というべきピッチングだった。この試合はいつもと比べて軸足にしっかりと体重が乗り、リリースまでの動きに無駄がなく、安定感のあるリリースができている。

 ストレートのスピードは常時130キロ前半~135キロ(最速136キロ)は前回と変わらないが、内外角にビシバシと決まり、ストライク先行ができる。ストライク先行できたことで、精神的に余裕ができたのか、チェンジアップ、スライダーも腕が振れていて、低めに決まっており、強打の横浜打線も打ちようがない。1回表、満塁のピンチを招いたが、併殺に打ち取ってから、一気に勢いに乗った。

 一方、横浜の先発・木下 幹也も素晴らしいピッチングだった。ストレートの勢い、変化球の精度とともに、高校入学後では良かったといえるものだった。左足をトルネード気味に上げていき、真上から振り下ろす豪快なフォーム。体を縦回転に使うことができており、角度のあるストレートと縦系の変化球を投げることができる。常時135キロ~142キロのストレートは威力がある。

 そして変化球の精度も高く、一番良いのは130キロ近いスプリット。落差があり、いつでも低めに落とせる精度の高さがあり、120キロ前半のスライダー、100キロ前後のカーブもストライクが取れる。

 縦、横、緩急も使えて、さらに140キロ前後の速球をコントロールよく投げることができる。高校2年秋の段階では高レベルの投手だ。

 4回裏、無死二塁のピンチを招いたが、スプリットを織り交ぜてアウトはすべて三振に打ち取り、ピンチを切り抜けた投球は唸らされるものがあった。

 0対0で迎えた6回裏、安達が木下からストレートをとらえ中前適時打を放ち、1点を先制する。まだ安達らしい長打はないが、木下から2安打を記録。対応力の高さは素晴らしいものがある。

 さらに8回裏、横浜はミス続出。敵失とバッテリーミスで二塁。さらにバント処理のミスで、無死一、三塁と桐光学園は追加点へ大きなチャンス。子のチャンスを逃さず、一死一、三塁から木下から代わった2番手・松本隆之介を攻め立て、安達に次ぐ打撃力を持つ3番馬込 悠、5番仲亀利哉が飛び出し、3対0と突き放した。

 9回表になっても安達の制球力は衰えることなく、ストライク先行のピッチングで6安打完封。

 今春に続き、安達は横浜に完投勝利。桐光学園の投手が横浜相手に2勝、さらに完封は松井 裕樹以来の快挙である。厳しいブロックを勝ち上がり、チームの完成度が増している桐光学園。2年ぶりの関東大会まであと1勝。例年と比べても走攻守の完成度の高さは突出している。

 横浜は木下、松本は全国区の投手であることはこの県大会で証明したものの、打線の対応力、接戦時の守りなど取り組むべき課題は非常に多い。2018年秋から負け方が良くなく、横浜にとって苦しい時期が続いているが、この正念場を乗り越えることはできるか。

 

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
高校野球にも地域性はあるのか? 甲子園優勝監督が違いを語る「九州の野球」と「関東の野球」 【ニュース - 高校野球関連】
第996回 日大藤沢、慶応義塾など春、夏に躍進が期待できるチームたち【後編】【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第11回 「沖縄全体で強くなっていこう」という、指導者たちの強い意志【沖縄の高校野球】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
桐光学園vs三浦学苑【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1057回 高校時代は藤平・石川に隠れる存在だった北山比呂(日本体育大学)はいかにしてプロ注目右腕になったのか? 【2019年インタビュー】
三浦学苑vs立花学園【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
相洋vs横浜商大高【神奈川県 2019年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第1000回 スラッガー・野村の教えを胸に。花咲徳栄の4番を邁進する井上朋也【前編】 【2019年インタビュー】
第996回 「もう一度甲子園に」偉大な先輩の背中を見て学んできた韮澤雄也(花咲徳栄)【前編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
桐光学園 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る