2019年09月15日 サーティーフォー保土ヶ谷球場

桐光学園vs慶應義塾

2019年秋の大会 神奈川県秋季大会 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

3対1のスコア以上に野手のレベルの高さが見られた熱戦!



安達壮汰(桐光学園)

【試合の様子をギャラリーでチェック!】

 桐光学園vs慶應義塾と2018年の北神奈川大会決勝戦以来の対決は0対1で迎えた6回裏、桐光学園が3点を入れて逆転に成功。エース・安達 壮汰(2年)が1失点完投勝利を収め、ベスト8進出を決めた。

 今年の神奈川で最も熾烈なブロックに入ったといえば、桐光学園だろう。初戦では横浜隼人、3回戦では鎌倉学園。そして慶應義塾といずれも強敵だ。先発マウンドに登ったのはエースの安達壮汰。しかし立ち上がりはぴりっとしない。右腕のグラブを高く掲げ、インステップ気味に踏み出すフォーム。ぎくしゃくした流れに見え、力みが入ったフォームで、リリースポイントも安定せず、力任せなところがある。立ち上がりはそのフォームの悪い点が出てしまい。いきなり先制打を浴びてしまう。

その後は立ち直り、威力ある135キロ前後の直球(最速136キロ)のストレート、120キロ中盤のスライダー、チェンジアップを低めに集め、要所を締めるピッチング。たびたび制球を乱し、打ち取りたい場面で自分のボールを投げられず、安達としては納得いかないピッチングだっただろう。それでもこれまでの経験値の高さを生かし、1失点に抑えたピッチングは見事。あとは自慢の打撃も、安達らしい豪快なスイングと打球が見られなかった。今後の試合へ向けて、いかに調子を取り戻せるかだろう。

 安達以外では逆転の走者一掃の適時二塁打を放った内囿光人(1年)について取り上げたい。内囿は世田谷シニア時代は昨年3月リトルシニア全国選抜野球大会の優勝に貢献し、最優秀選手賞も獲得している。スイングの鋭さ、打球の鋭さはとても9番打者とは思えないほどレベルが高い選手だった。スクエアスタンスで構え、バックスイングを小さくとって振り出すスイングは無駄がない。二塁守備もそつがなく、いずれは上位打線を打っていてもおかしくない力量を持った選手だった。

 また2番・森田 翔も面白い選手。春までライトを守っていた選手で、強肩ぶりが気になっていた選手だった。レフトを守る森田は外野へ抜けそうな打球を好捕し、安達を盛り立てていた。またレベルスイングで振りぬく打撃も非凡なものがあり、第1打席は左中間を破る二塁打、4回裏も初球を引っ張り左前打と、打撃の内容が非常に良く、2番打者としてはかなり高レベルな選手だった。

 敗れた慶應義塾。6回二死まで無失点の好投を見せた前田晃宏だけではなく、好野手は多かった。1番・第1打席から二塁打を放ち、第2打席も森田のファインプレーに阻まれたものの、痛烈な左飛を放ったほぼしっかりと捉える打球が多かった1番センターの佐藤は走攻守三拍子揃った逸材。昨年からクリーンナップを務める本間颯太朗は自分の間合いで打てる選手。どんな場面でも手元までボールを呼び込み、ヒットゾーンに打ち返す打撃技術の高さは秀逸。非常にレベルが高い選手だった。

 慶應義塾は打者の能力の高さに割に点が取れない攻撃内容が課題。春、夏までに磨かれてくれば、手が付けられない打線になる予感はある。

(文=河嶋 宗一

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
横浜vs戸塚【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
松井、田村、北條ら 2012年夏の準々決勝を戦った光星学院と桐光学園戦士たち 【ニュース - 高校野球関連】
プロ入り選手が8名。2010年秋の優勝決定戦に登場した早慶の戦士たちのその後がすごい 【ニュース - 高校野球関連】
第17回 沖縄水産、浦添商など沖縄県の高校野球をリードする伝統公立校たち【沖縄の高校野球】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の神奈川の勢力図は?第一勢力~第三勢力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第7回 金足農の県勢103年ぶりの決勝進出で改めてその存在がスポットを浴びた秋田県【公立校特集】
慶應義塾大vs城西国際大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
慶應義塾大vs東海大学札幌キャンパス【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
桐生第一vs桐光学園【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1001回 強靭な握力から生まれた伝家の宝刀・ツーシーム 攻めのピッチングで聖地へ 飯島一徹【後編】 【2019年インタビュー】
第980回 「大人の打者」の意味を理解できるかが打撃開眼のカギ! 森口修矢(神村学園)【後編】 【2019年インタビュー】
第696回 谷田成吾(徳島インディゴソックス)「泥にまみれ、必ずNPBへ」 【2018年インタビュー】
第452回 加藤 拓也投手(慶應義塾高-慶應義塾大)「プロの世界では自分が勝負できるもので勝負したい」 【2016年インタビュー】
第396回 平塚学園高等学校 高田孝一選手「復活の始まりとなるか?」 【2016年インタビュー】
慶應義塾 【高校別データ】
桐光学園 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

神奈川県地域応援スポンサー

神奈川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る